ELEPHAS プロジェクターを買ってみた

以前から、我が家の自室の壁にプロジェクターで投影したらどうかな?と思ってて、今では1万円前後でも買えるようなので、試しにプロジェクターを買ってみました。

購入したのは、ELEPHAS プロジェクターで、2万円しないほどで、LEDランプが4000lmルーメン、
ネイティブ解像度1280*800で、1080PフルHDも対応。

製品概要

2つのUSBポートと2つのHDMI端子が搭載されており、他にも(AV/VGA/USB/SD/TF/HDMI)が利用できます。Fire TV Stick、パソコン、スマホ、タブレット、Blue-Ray DVD プレーヤー、PS3/PS4、Xbox、TV boxなどいろんなデバイスと接続出来るのは便利ですね

lightningコネクタを持ったiPhoneやiPadを接続する際は、別途、HDMIとの変換ケーブルが必要となります

設置

投影したい壁紙とプロジェクターの距離は、約2mほどなので、推薦は3mで100インチから推定すると、70〜80インチ相当でしょうか。

そのまま、据え置きにて設置しました

投影

プロジェクターとApple TVをHDMIで接続し、早速、部屋を暗くして投影してみました。

はじめてのプロジェクター投影

真正面からだと影が出て邪魔になるため、敢えて斜め横から動画撮影しているので、少し台形気味になっていますが、この画像いかがでしょうか?

台形補正機能が搭載されていますが、補正するとピントが甘くなったりするので、なるべく水平に設置した方が良いようです。

総評

音声に関しては、二つのスピーカーを搭載しておりますが、普通のテレビ並なので、あまり期待してはいけません。

部屋の電気を点けたり、光が差し込むと、かなり薄くなるのは当然ですが、真っ暗にすると上の動画並の画質が得られますし、はじめてのプロジェクター入門機としては、十分、満足いくかと思います。

部屋の壁紙に投影して、この画質なので、本格的なスクリーンに投影すると、もっと綺麗なのでしょう。

後々、Fire Stick TVをさして、Amazonプライムや、PS4、NintendoSwitchなど接続して楽しんでみようかと思います。

最後に、購入したもう一つの理由として、ボヘミアン・ラプソディーを自室にて大画面で観たかったのです。^^;