初めてメルペイを使ってみて認識しなく焦った!

日常では、iPhoneにてモバイルSuicaで支払いしているのですが、先月、Suicaインターネットサービス終了のお知らせが届きました。

Suicaインターネットサービスの提供を終了いたします
——————-
いつもSuicaインターネットサービスをご利用くださいまして誠にありがとうございます。
Suicaインターネットサービスは、「Suica付きビューカード」「My Suica(記名式)」「Suica定期券」「Suica付学生証等」「ゆうちょICキャッシュカードSuica」への入金(チャージ)およびネットショッピングの支払い方法のひとつとしてサービスを提供してまいりましたが、ご利用状況をふまえ、サービスの提供を終了させていただくこととなりました。

Suicaは便利に利用していただけに、かなりダメージが大きいですね。

Suicaの次はメルペイ?

次なる支払い方法を模索しなければならなくなったので、やはり今流行りのQR決済にするしかないようで、以前にPayPayを使った記事を投稿しましたが、PayPayはYahoo系でYahooからしか入金(チャージ)しなければならないので、PayPayは撤退。(Yahoo系は好きではないので)

今では、ペイが付くQR決済は、数多く存在するので悩みどころですが、Lineペイかメルペイが妥当かな?と思いました。

メルカリってほとんど利用したことがないので、かなり迷いましたが、決めては、現時点でiOSウォレットに対応しているメルペイ決めました。
iOSウォレットに対応しているって事は、メルペイからSuicaへチャージ出来るのです。

コンビニでのメルペイ利用

そう言うわけで、メルペイ上にて、メールアドレスや住所、銀行口座の登録を全て済ませ、いざコンビニへ。

クーポン利用

メルペイのクーポンから、「クーポンを使う」を押して、めくるとバーコードが表示されるので、店員さんに読み取ってもらいます。

メルペイで支払い

いざ支払いを行うと、画面に表示されている通り「アイディで」支払いを告げ、リーダーにかざしたところ、ピコーンと反応はするものの、4〜5回行っても読み取ってもらえませんでした。

初めての事もあり、後ろで待っている人もいるので、この場は現金で支払いとなりましたが、結構あせりましたね。

この時点で気づいたのですが、クーポンを読み取ってもらった後は、メルペイで支払う必要がなく、他の決済方法でも問題ないようです。 なので、クーポンだけ利用するためだけにメルカリアプリを使うのもアリって事ですね。

メルペイ支払い再挑戦

この後に、もう一度、他のセブンに行って試してみましたが、やはり認識できなくて、店員が見てもよくわからず仕舞いで撤退。

そして、更にクーポンを利用するために、ファミリーマートへ寄って、三度目の挑戦。

やはり、認識しない・・・・・

ん?

パスコードで支払う」ボタンを押してみよう・・・

すると、「リーダーにかざして下さい」と表示が変わり、ピコーン!支払い完了しました。(^_^;)

この「パスコードで支払う」の後に「リーダーにかざして下さい」の画面で読み取らなければならなかったのです。

総評

「アイディと伝えて支払う」表記では、私にとっては説明不足だったのです。

iPhone上でSuica支払いの場合は、スリープ状態でもリーダーにかざすだけで支払い出来るので、すごく楽で、これに慣れてると、メルペイ支払い(他のQR決済)は一手間かかって面倒だと思いました。

セブンの例に限って説明すると、下記のような操作が必要になります

  1. iPhoneのロック解除
  2. メルカリアプリ起動
  3. クーポン選択
  4. クーポンを使うボタンをタップ
  5. クーポンをめくる
  6. バーコードを店員に読み取ってもらう
  7. セブンのアプリ起動
  8. セブンの会員コードを読み取ってもらう
  9. 再度、メルカリアプリに戻り、「お支払いへ」
  10. 「パスコードで支払う」をタップ
  11. リーダーにかざす

セブンの会員コードはオプションなので特に必要はありませんが、それでも、結構な手間ですねー。

Suicaだったら、11.のリーダーにかざすだけですからね。

さて、そのSuicaですが、少し先の話になりますが、2020年春に「楽天ペイ」アプリからSuicaの発行、チャージが可能になる予定らしいので、これは期待したいが膨らみます

「楽天ペイ」アプリからSuicaの発行、チャージが可能に 楽天とJR東日本の狙いは?
楽天ペイメントとJR東日本が提携し、2020年春から「楽天ペイ」アプリでSuicaの発行やチャージが可能になる。2社が提携することで、Suicaの裾野が広がり、モバイル利用率の増加が期待される。発表会で明かされた、JR東日本と楽天の狙いを整理する。

しばらくは、クーポンやキャッシュバックポイントがあるうちは、メルペイを使ってみようかと思いました。