TwentyTwelveのヘッダー画像をスライドショーにするプラグイン

WordPressテーマのTwentyシリーズだと、ほぼ同じようにヘッダー画像をスライドショーにする事が出来る「meteor-slides」の覚え書きです。

今回、Twenty Twelveのテーマで試してみました。(このサイトではありませんが ^_^;)

    1. まず、meteor-slidesを管理画面の新規プラグインでインストールして、有効化します。
      これだけでヘッダー画像がスライドショーになるわけではないので、少しばかり設定が必要です。
    2. プラグインを有効化すると、左の項目タブに「Slides」が現れるので、ここの「Add New」を押してスライドショーにしたい画像を追加していきます。
      Meteor1
    3. 画像の準備が出来たら、「Settings」にて、スライドの切り替え時間やエフェクトの種類等を設定します。Meteor2
    4. 次に、Twenty Twelveテーマフォルダ内のheader.phpを編集します。
      スライドショートして表示したい箇所に、下記のスクリプトを追加します。

      <?php if ( function_exists( 'meteor_slideshow' ) ) { meteor_slideshow(); } ?>

      編集方法がよくわからない場合には、https://gist.github.com/JLeuze/5015527を参考にするか、このままheader.phpをダウンロードして入れ替えても良いでしょう。

    5. デフォルトヘッダー画像を無効化
      header.php内にPHPを追加したら、スライドショーが表示されているかと思いますが、Twenty Twelve標準のヘッダー画像を表示設定している場合には、両方、表示されてしまいます。
      Meteor3標準の画像を非表示にするには、標準のヘッダー画像を削除しますMeteor4

以上で、ヘッダーのスライドショーが完成です。

尚、標準に戻すには、meteor-slideを無効化若しくは削除して、標準のヘッダー画像を再設定するだけで戻すので簡単ですね。
スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner