iPhone6 Plusのシェルカバーにバンカーリングを付けてみた

シェアする

iPhone6 Plus購入した当時に投稿したiPhone6 Plusにとりあえずの保護フィルムとケースのクリアなシェルカバーに転倒防止用にBUNKER RING 3 バンカーリングを付けてみました。

DSC01516

直接iPhone裏に貼り付けても良いのですが、私の場合、シェルカバー上に貼り付けました。
接着面を脱脂して、貼り付け、十秒ほど押しつけるだけの簡単さです。

リング部分を立てて、ここに指を通して、iPhone6 Plusを操作すると安定さが増して、操作が凄く楽になりますよ。
このリング部分は、回転するので、どの向きでも利用可能です。

DSC01517

リング部分を立てる事で、iPhone6 Plusスタンドとしても使えますね。↓

DSC01518

バンカーリングを取り付けると厚さが増してしまいますが、転倒防止と操作性を考えたら便利なガジェットであることは間違いないでしょう。

心配なのは、どのくらいの耐久性がどのくらいあるのか不明なため、このリングに頼ってしまうと何時かは落としてしまうかもしれません。
ですので、あくまでも補助的に利用するのが無難でしょうね。

ちなみに、このバンカーリングは、15秒ほどゆっくりと隅から剥がすことで脱着可能のようで、iPhoneなどのスマホに限らず、iPadなどのタブレットにも利用できますよ。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)

シェアする

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner