MacOS SierraからMojaveへバージョンアップ

現在使用しているMacBook ProはMacOS Sierraで動作していましたが、最近になって、Dockerがサポートされなくなる通知が来たり、Twitterクライアントの夜フクロウが起動しなくなったりと、だんだんにアプリの制限が厳しくなってきたので、重い腰をあげて、バージョンアップを行いました。

Mojaveのインストーラーが起動出来ない

今までの感覚だと、AppleStoreからMacOSのインストーラーをダウンロードして、バージョンアップすれば良いとの認識で、以前にダウンロードしてあったMojaveのインストーラーを起動したところ、「このmacOS Mojaveインストールアプリケーションは破損しているため…」の警告が出た。

破損しているならと、再度ダウンロードしてみたものの、同じエラーが再発。

むむと思い、ググってみたところ、どうやら証明書が関係している模様

If an installer says it can't be verified or was signed with a certificate that has expired
Please download a new copy of the installer.

日付を確認しろとの事だが、NTP利用しているので、ほぼ時刻は合ってる。

なんでも、Appleのパッケージ署名に使用されていた証明書の有効期限が現地時間2019年10月24日、日本時間25日に期限切れとなっているのが問題のようで、日付を一時的に2019年10月24日へ設定してやるとインストーラーが起動し、インストールが可能になるようです。

ただ、日付を過去に変更するのは、何らかの不具合も起きそうなので、あまりやりたくないですよね。

解決法

そんな時には、破損警告が出るMojavaのインストーラーを右クリックして、「パッケージの内容を表示」を押して、content→SharedSupportへと進み、InstallInfo.plistを削除するだけで良いようです。

コマンドラインだと、rm “Install macOS Mojave.app/Contents/SharedSupport/InstallInfo.plist”で一発で削除出来ますね。

インストールの前にやる事

OSのバージョンアップみたいに大幅なアップデートの際には、TimeMachineでバックアップを取っておくのが万全です。

そして、以前ハマったLittleSnitch

LittleSnitchが新しいOSに対応していないと、OSのアップグレードが完了しても起動しない経験があるので、まずはLittleSnitchのアップグレードを行いました。

LittleSnitch 3.xは3.8.2が最終バージョンのようで、もう2年前に4.xがリリースされていたので、アップグレードの25€にて4.4.3へバージョンアップしました。

LittleSnitchのバージョンアップする前にもルールのバックアップを取っておいたほうが良いかもしれません。

いざ、Mojaveインストール

TimeMachineとLittleSnitchのバックアップを取って、Mojaveインストーラーを起動し、なすがままにインストールを行うこと数十分で、問題なくMojaveへインストール完了

32bitアプリが起動する最終macOSなので、この後、不評のCatalina以降へアップデートしていくかは、よほどの事がない限りアップデートしないでしょう。