WP2.8の自動アップデートにSSHを利用

WordPress2.8のバージョンからプラグインだけでなく、テーマも自動インストールが可能となったわけですが、アップグレードする場合には、FTPのみの接続だったのが、SSHも利用可能となりました。

特に今まで、アップグレードに関して問題ない場合には、わざわざSSHを利用する必要はありませんが、気になる部分があったので、SSHでのアップグレードを試してみた。

サーバ側で環境が整っていれば、下図のようなSSH接続で可能になるかと思います。

SSHのボタンを押すと、認証キーの入力欄が表示されるので、そこに認証キーを入力するだけで、認証キーを利用しない場合には、そのままSSHのアカウントパスワードを入力するだけです。

サーバ側で利用できない場合には、環境を整える必要があるので、続きにメモっておきます。

サーバプログラムがApacheの場合、phpinfoにて、SSHが利用できるか確認

もし、このような表示がない場合には、次にインストール作業を行います。

  • Ubuntu 9.04(Debian)の場合
    # aptitude install libssh2-1 libssh2-1-dev
  • CentOS 5.3(RedHat)の場合
    # yum install libssh2-devel
  • その他、パッケージ等がない場合
    # wget
    # tar -zxvf libssh2-1.0.tar.gz
    # cd libssh2-1.0/
    # ./configure;make;make check
    # make install

次に、PECLにてsshをインストール

  • # pecl install -f ssh2
  • プログラムがインストール出来たので、

    設定ファイルのphp.iniに記述します。

    下記を追記

  • extension=ssh2.so
  • 最後に、Apacheを再起動し、冒頭のphpinfoで確認できれば完了です。

    スポンサーリンク
    336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
    336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
    banner