長財布「コルボのフェイスブライドルレザー」とウォレットチェーンを購入

シェアする

ボーナスも出たことだし、そろそろサイフを二つ折りから長財布に買い換えようかと検討。

今まで愛用してきたのは、バーバリーの二つ折りサイフで、マネークリップで札束を挟むタイプで特に不便なく使用してきました。
でも、嫁からは支払いするときにサイフの札束が丸見えになるので、人目にはあまり良くないかも?とツッコミもあり、じゃあ、次は長財布だよね。

「成功者は長財布」 「お金持ちは長財布を使う」などなど、最近、いろんな雑誌やネット上で目にするので、触発されたのは否めません。(^_^;

そんな安直な気持ちで、長財布選びが始まったわけですが、今までバーバリーを使っていたので、同じようなブランドで良いものはないかと探してみました。
すると、とあるブログで、ブランド品は革サイフの8割がネームブランド価格で、実質の革の値段は2割との事。

ブランドの価格が含まれなくて、革質が良くて国産の長財布、そう、ココマイスターが浮上しました。

イタリア製の革を使い国産で縫製、それも永久補償で、在庫がない場合は半年先になるとの限定的販売で、注文間際まで進みましたが、なぜか踏みとどまってしまいました。

まずは、いろんな評判を調べてみようと、時間をかけて調べてみたら悪評はないものの、ステマっぽいサイトが多いことに気づきました。
しかし、銀座や自由が丘に店舗があるので、胡散臭いお店でないのは想像できますけど、何となく遠ざかってしまいました。

ココマイスターの熱が冷めたところで、検討候補に挙がったのが、ファーロ、アニアリ、コルボに絞られ、値段とデザインと使いやすさ・評判を総合した結果、私的にはコルボに決定しました。

前置きが、長くなってすみません。

購入したのは、CORBO. 長財布 フェイス ブライドルレザーで、色はかなり悩みましたが、ブラウンです。

IMG 6249

では、注文してからすぐに届いたCORBO. 長財布 フェイス ブライドルレザーを開封です。

今回、購入したのは長財布本体とウォレットチェーンです。↓

IMG 6244

開封すると、馬毛ブラシと長財布本体が入っています。↓

IMG 6245

長財布を取り出し、ファスナーを開けてみると、まずはふわ〜っと革のいい香りがします。
中央にファスナー付き小銭入れがあり、両側にお札入れと16枚収納のカードポケット↓

IMG 6248

ブライドルレザー用のウォレットチェーン(ウォレットコード) ↓
ブライドルと同じ革質で、オシャレです。

IMG 6247

長財布を取り出すと、外側の表面をよく見ると白っぽくなっています。
これは、ブルームと言って、保湿・防湿のため、白いロウが付着していますので、これを付属の馬毛ブラシで軽く拭き取って、落とします。
(ブルームを残したまま使われる方もいるので、必ずしも行う必要はありません)

ブルームを落とすと、光沢が出て、ブラウンが少し濃くなります。

使い始めは、ファスナーや革が固めなので、使っていくうちに柔らかくなっていくことでしょう。
あまり長くなるので、使用感はまた次回と言うことにしますが、今回、購入したお店では、下記のサービス品( ALBEROの本革キーホルダーとDakotaのコンパクトミラー)も付けて頂きました。

IMG 6243

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)

シェアする

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner