縦型洗濯機の日立ビートウォッシュからドラム式洗濯乾燥機の東芝ザブーンへ買い替えた

8年ほど「洗濯機ビートウォッシュ BW-9MVが届いた」の日立ビートウォッシュを愛用してきましたが、ドラム式洗濯機の東芝ZABOON(ザブーン) TW-127X7Lへ買い替えました。

特に日立ビートウォッシュが故障したわけではありませんでしたが、浴槽も結構汚れてきて、乾燥機能で嫁の手間を省いてもらおうとの理由で購入しました。
3月の決算セールまで待ったほうが安く購入できるかもしれませんが、新生活シーズンで混み合うかもしれないので待ちきれませんでした。(^_^;)

それにしても、縦型洗濯機の日立ビートウォッシュが6万円台で買えたのに、東芝ZABOON(ザブーン) TW-127X7L は、約25万円とかなり高価な洗濯機です。

旧 縦型洗濯機 日立ビートウォッシュ

特に故障もなく、8年間ありがとう&お疲れ様と感謝のお礼を言って、引き取られていきました。

ドラム式洗濯乾燥機 東芝ZABOON(ザブーン)

ドラム式洗濯乾燥機の東芝ZABOON(ザブーン)は、89kgの重量があり、設置スペース的に収まるのか心配でしたが、何とか設置出来ました。

以前の洗濯機に比べると、高さと奥行きがあるため、約10cmほど高くなり、前に出っ張りましたので、何となく圧迫感が感じられます。

我が家は、アイボリーとウォールナットの室内になっているので、フロアや扉のウォールナットとデザイン的にも合うかと思い、ブラウンカラーを選びました。

東芝ZABOON(ザブーン)TW-127を選んだ理由

正直、あまりリサーチしてなくて、国内メーカーだったら洗濯・乾燥はどれも似たような性能で、おまけ機能でアピールしてるだけに感じてました。
パナソニックは洗剤自動投入ですが、詰まりやすいとの噂があり、日立は、ヒートポンプが出遅れてるみたいなので、東芝ZABOON(ザブーン)TW-117を買いに電気店まで向かいました。

TW-117は価格.comの評判もよく、値段も手頃だったのですが、購入直前で、温水洗浄機能がついてないのに気づき、TW-127の購入に至った次第です。

決め手となった点

  • 15℃~60℃の5つの温度帯を選べる温水洗浄
  • 低振動・低騒音
  • 乾燥フィルターラクラクお手入れ(プッシュdeポン!)
  • 槽内LED照明
  • ブラウンカラーで我が家のウォールナットにマッチ

TW-117に比べると、かなりの出費になり、また発売されて間もないからか、価格.comなどの評判やレビューがないので、多少、不安はありましたが、思い切りで購入しました。

まだ、使い始めたばかりなので、しばらく使ってみて、縦型洗濯機との比較や使い勝手の感想を後日書きたいと思います。

なお、今回購入したTW-127X7Lの仕様や詳細については、公式等のサイトをご覧いただければと思います。