AMP機能を無効にしたため、しばらくの間、モバイル閲覧ではエラーになる場合があります

SearchRegexを使って不要なショートタグを削除・置換

長年、ブログを書いていると、便利に使っていたプラグインやテーマなどのショートタグの残骸が残ることがあります。
これらのプラグインを削除したり、テーマを変更したりすると、ショートタグが無効となり、そのままテキストで表記され、見栄えが一気に悪くなってしまいます。

こちらのブログでも、不要になったショートタグの残骸が多くなってきたので、Search Regexと言うWordPressプラグインを利用して、対処しました。

Search Regexによるショートタグ削除・置換

https://wordpress.org/plugins/search-regex/

インストール

まずは、WordPress管理画面のプラグイン新規追加から、Search Regexを検索、インストールし、有効化

データベースのバックアップ

Search Regexは、直接データベース内を編集するので、誤って変更や削除したりすると元にもどせなくなるので、必ず、バックアップをとっておきましょう!

Search Regexによる作業

ここからが本題になりますが、私の環境の場合は、下記のような不要なショートタグが存在しました。

wp-note:[note][tip][important][warning][help]
wp-tegaki:[tegaki]
browsershot:[browser-shot]
tmkm-amazon:[tmkm-amazon]

ここでは、[note]のショートタグを含む内容を削除・置換する例を挙げておきます

  1. WordPress管理画面のツールより、Search Regexを選びます
  2. 次に、Search patternに、「|\[note\](.*?)\[/note\]|」と記入
    []は特殊文字なので、直前にバックスラッシュ\を記述します
    (.*?)はショートタグで挟まれた文字を表しています
  3. Regexのcase-insensitiveに☑チェックを入れます
    正規表現を利用している場合は必ずチェックを入れましょう。
    逆に正規表現を利用しない通常のテキストやタグの変更・置換だとチェックを外します
  4. Replace patternには、
    ショートタグのみを消す(挟まれたテキストを残す)場合は、$1と記入
    ショートタグと挟まれた全てを消す場合は、空白
    Cocoonテーマでは、似たようなスタイル(クラス)が装備されているので、今回はReplace patternで下記の置換を行いました。
    <div class=”memo-box”>$1</div>
  5. Replaceボタンを押して確認
    削除もしくは置換の準備が出来たら、Replaceボタンを押します。
    (この段階では、まだ置換されませんので、安心してください)
    変更元と変更後が表示されるので、よく確認しておきましょう!
  6. Replace&Save
    確認で間違えなければ、(後戻り出来ませんので、慎重に!)Replace&Saveボタンを押して、作業完了です

他のショートタグも同様な作業を行うことで、ブログ内の不要なショートタグを整理することが出来るでしょう。

なお、Search Regexや正規表現による記事については、下記のブログを参考にさせていただきました。(感謝)