プロコントローラー上方向不具合を荒療法で直した

Switch プロコントローラー上方向不具合」にて記載しましたが、改善はみられず、しばらくはジョイコンで遊んでおりました。

Switch プロコントローラー上方向不具合が再発
何だが先週あたりから、スプラトゥーンで遊んでると、途中で止まったりする現象がみられ、昨年「Nintendo Switch プロコントローラー上方向不具合」の症状が再発したと思われました。まぁ、1年も使い続けてきたので、そろそろガタが...

プロコントローラ(プロコン)を再購入しようと思っていたので、どうせなら、壊れたプロコンを再度なんとかならないものかイジってみました。

なお、記載の内容は、任天堂の保証がなくなるどころか、プロコンが全く使えなくなる可能性が伴いますので、プロコンを捨てる覚悟で自己責任にて行ってください。

検証

Switch プロコントローラー上方向不具合」の作業にて、分解清掃やリセットを行っても効果がないので、分解したまま(カバーを外したまま)、Switchとプロコンをを起動して、Switchの設定にてコントローラーのスティック補正を行ってみました。

プロコン上方向不具合

すると、↑の問題が起こった不具合症状が出ないのです。

という事は、スティック自体(スティックセンサー)の故障ではないと推測。

なので、スティックが上方向まで完全に行き渡ってないのでは?
要するに、通常時に上方向を押してもカバーがストッパーの役目をしているので、完全にスティックセンサーが上に行ききれていないと。

改善作業

ならば、スティック軸を細くするか、ケースのスティック穴を広げれば良いので、紙やすりで削ってみた。

作業する際には、削り粉が出るので、掃除機で吸い取るかエアーダスターで吹き飛ばして、削り粉をなるべく残さないように!

作業が終わったら、分解したプロコンを元に戻して、再度、Switchで試してみました。

結果

再度、通常通りに、Switchのスティック補正にて、上方向を押したところ、上方向に無事張り付いたまま、症状が改善されたようです。

まとめ

今回の私のプロコン不具合症状では、このような結果となりましたが、下記の手順を順番に作業して、直らなければ買い替えかと思われます

  1. 左スティックの軸辺りに白い粉が出ている場合は、エアーダスターや息を吹きかけて吹き飛ばしてみる
  2. Switch設定により、コントローラのリセットを行ってみる
  3. 分解して、清掃を行ってみる(これより↓は保証外となるので注意
  4. 分解したまま、Switch設定のスティック補正を行ってみる
    スティック補正で直れば、今回作業のカバー穴を広げるかスティクカバー軸を細くしてみる。
    スティック補正で直らなければ、スティックセンサーの故障により買い替え

数時間、スプラトゥーンで遊んでみたところ、不具合の症状は出ておらず、スムーズに進むことが出来て快適です(これが普通なんだけどね) 再発するかも??