WordPress3.2へ更新する前にはシステム環境を確認しよう

WordPressが3.2が英語圏ではリリースされましたが、日本語版は今現在未だですが、数日中にリリースされることでしょう。
WordPressでは、バージョンアップによる更新も数クリックで簡単に行えますが、今度の3.2のバージョンからシステム要件の変更点があるので注意が必要です。

WordPress3.2で必要としている環境
PHP バージョン 5.2.4 以上
MySQL バージョン 5.0 以上

特にレンタルサーバなどでは、これらのシステム環境は自分では変更出来ないので、確認してから更新を行った方が良いでしょう。

CUIでの確認方法:Telnet,SSH,コンソールに入れる方
(↓は、私のCoreServer内の環境です)

$ php -v
PHP 5.2.5 (cgi) (built: Jan 24 2008 20:04:13)
Copyright (c) 1997-2007 The PHP Group
Zend Engine v2.2.0, Copyright (c) 1998-2007 Zend Technologies

$ mysql --version
mysql Ver 14.14 Distrib 5.1.22-rc, for pc-linux-gnu (i686) using readline 5.0

WEB上でPHP確認方法:PHPが実行・保存ができる環境の方
テキスト形式で、phpファイルを新規作成。hogehoge,phpとか。(任意)

<?php
phpinfo();
?>

<>は全角で書いてますので、半角にして保存してね。

保存後は、サーバにアップロードして、hogehoge.phpにアクセスしてみてください。
↓こんな画面が表示されるかと思います。(ここのブログ環境)

untitled

この中の、PHPとMySQLのバージョンを確認。

CoreServerでは、現状でも問題ないですね。
ここのサーバは、さくらのVPSに変更したので、自分なりに変更が出来るので安心です。
(逆にプログラムのアップグレードやメンテを、ほとんど行わない人にとっては大変かもしれませんね ^^;)