Rabbit導入

テキストと画像圧縮・広告フィルタリング機能などが特徴のプロキシーサーバーソフト「RabbIT」を導入してみました。

  1. まずは、Javaをダウンロード
    Java SE DownloadsからJava SE 7u4を選び、各プラットフォーム用ファイルをダウンロードします
    (ここの環境の場合だと、jdk-7u4-linux-x64.rpm)
  2. Javaのインストール
    # rpm -ivh jdk-7u4-linux-x64.rpm
  3. JAVAの設定
    # vi /etc/profile
    最終行へ追記
    export JAVA_HOME=/usr/java/default
    export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
    export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar
  4. 設定を反映
    # source /etc/profile
  5. GraphicsMagickをインストール
    # yum --enablerepo=epel install GraphicsMagick
  6. RabbITをダウンロード
    $ wget https://khelekore.org/rabbit/rabbit4.11-bin.tar.gz
  7. RabbITを解凍
    $ tar zxf  rabbit4.11-bin.tar.gz
  8. rabbit.confの設定
    ポートを変更する場合:Port=9666
    Cacheディレクトリ指定する場合:directory=/tmp/rcache
    認証の設定:270行目の行末に,rabbit.filter.ProxyAuthを追記
    # by default we use a few filters,httpinfilters=rabbit.filter.HttpBaseFilter,rabbit.filter.DontFilterFilter,rabbit.filter.BlockFilter,rabbit.filter.RevalidateFilter,rabbit.filter.ProxyAuth
  9. ユーザとパス設定
    conf内のallowedとusersにユーザとパスワードを記述
    例:hogehoge:password
  10. Rabbit起動
    $ cd rabbit4.11
    $ java -jar jars/rabbit4.jar -f conf/rabbit.conf &

クライアントからの接続

スマートフォンやPCのネットワーク設定からプロキシ設定を選んで設定

例:

サーバ:RabbITを起動したIPアドレス
ポート:9666
認証:オン
ユーザ名:hogehoge
パスワード:password

この設定後、ブラウザー等でインターネット接続出来る事を確認し、ページ上部に「Rabbit filtered this page ….」と表記されていれば完了です。

ちなみに、画像圧縮により、写真等の画像がかなり粗くなりますので、それが嫌な人は、上部の「unfiltered page」を押してフィルターを解除しましょう。