sshfsで外部マウント

さくらのVPSでは、HDD容量が20GBで、OSインストールしたりすると実質15GB前後です。

サーバ主体で使用するのであれば、これでも十分なのですが、前記のようなVNC接続で、仮想デスクトップ的な使い方をしていくと、容量が足りなくなるのではないかと思います。

なので、さくらのVPSから外部マウントすることで、容量不足が解決するかもしれません。

今回、外部(自宅や職場など)に常時稼働したサーバがあり、SSH接続が可能な場合に限りますが、SSH接続し、さくらのVPSへマウントできるsshfsを導入してみました。

OSはCentOS 5.5です。

導入作業

  • sshfsインストール
    # yum install fuse-sshfs
  • 確認
    # modprobe fuse (何も表示されなかったらOK)
  • fuseグループに使用するユーザを追加
    (一般ユーザにもsshfsの利用を許可する場合)
    例: fuse:x:1000:taro
  • fuseグループ確認
    $ id <user>
    表示されたリストの中にfuseがあればOK
  • パーミッション確認(違っていたら修正)
    # chmod o+rw /dev/fuse
    # chmod 4755 /bin/fusermount

マウント

$ sshfs ユーザ名@サーバ:ディレクトリ マウントポイント

 $ sshfs [email protected]外部接続先:/xxx/yyy /mnt/zzz

アンマウント

$ fusermount -u マウントポイント

$ fusermount -u /mnt/zzz

ちなみに、接続後の私の環境ではこんな感じ。

Filesystem Size Used Avail Use% マウント位置
/dev/hda2 19G 4.6G 14G 26% /
/dev/hda1 104M 25M 74M 25% /boot
tmpfs 262M 0 262M 0% /dev/shm
sshfs#[email protected]:/opt2/sakura
993G 109G 835G 12% /mnt/hoge

Tips

  • ssh接続する際、いちいちパスワードを入力する必要があるので、公開鍵でパスフレーズ無しで接続すると便利です。
  • ログインしている間だけマウントしたければ、.login .logout xstartupなどに記述しておくと便利です。

よくあるエラー

sshfsは一般ユーザで利用しようとすると下記のエラーが発生することが多いです。

fuse: failed to exec fusermount: Permission denied

fusermount: failed to open /dev/fuse: Permission denied

ほとんどの場合、上記のグループ設定かパーミッション確認が間違っている事が多いので、再度確認しましょう。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)

フォローする

banner