旧プランから新プランへの移行手順

私の環境でのメモとなりますので、必ずしも、同様に作業出来るとは限りませんので、試される方は、十分に知識を身につけて各自の責任において作業して下さい。

この記事では、さくらのVPS 1.5Gプランから2Gプランへの移行記事となります。

さくらのVPS 移行

事前条件

  • 旧サーバ・新サーバ(両サーバ)ともSSHが稼働していること
  • 両サーバとも同じOS及びバージョンで行うこと
    本記事では、Scientific Linuxにて構築するものとする(CentOSでも同じ)
  • 両サーバもroot権限で作業出来ること
  • ある程度、Linuxに精通していること

移行手順

  1. 新プランのOSインストールを旧サーバに合わせる
    (CentOS以外のOSはカスタムインストールする必要有り)
  2. 新サーバにて起動確認し、rootでログイン出来る事を確認
  3. 新サーバは、外部からSSH接続出来、rootもログイン化にする
    セキュリティ強化されている方は、hosts.allow等で、旧サーバのみ接続化にすると良いかと思います
  4. 両サーバとも、yum update; yum clean allをしておく
    (この作業はなくても構わないかも)
  5. 旧サーバのサーバデーモンを停止する(ftp, httpなど)
    SSHは停止しないよう注意して下さい。もし止めてしまった場合には、VPSコントロールパネルのリモートコンソールで作業するか、そこでデーモンを起動しましょう。
  6.  新サーバへ転送してはいけないディレクトリを調べる
    ちなみに、私の環境では下記の通り
    /boot
    /dev/
    /proc/
    /sys/
    /var/run/
    /var/lock
    /tmp/
    /tmpfs/
    /ramdisk/
    Cache*
    ifcfg*
    ssh_host_*
    fstab
    /etc/sysconfig/network
  7. 旧サーバから新サーバへrsync転送(新サーバのIPは11.22.33.44とした場合)
    excludeが多い場合は、exclude-fromにてテキスト作成しておいても良いでしょう。

    #  rsync -rtlzvogpHAX --exclude /boot/ --exclude /dev/ --exclude /proc/ --exclude /sys/ --exclude /var/run/ --exclude /var/lock/ --exclude ifcfg* --exclude ssh_host_* --exclude fstab --exclude /tmpfs/ --exclude /ramdisk/ --exclude Cache* --exclude /etc/sysconfig/network --block-size=4096 -e ssh / 11.22.33.44:/
    
  8. 転送完了したら、新サーバを再起動
  9. 新サーバにて無事起動する事が出来、ログ等でエラーが出ていないかを確認
    もし、起動に失敗した場合は、OSの再インストールからやり直す
  10. 新サーバにて、旧サーバの環境がそのまま受け継がれ、デーモンも起動出来るか確認
文章にすると長くて嫌になるかもしれませんが、私の場合、実質の作業はrsync転送に時間がかかるくらいなので、数十分で作業完了しました。

移行完了後

  • DNSのAレコードを旧サーバから新サーバへ向け、設定
    急ぐ場合は、TTL設定を短く設定し、DNS情報が置き換わったら、元に戻しましょう
  •  新サーバ契約を本登録

謝辞:今回の作業に当たり、「さくら VPS 旧プランから 2G 新プランへの移行手順」や「さくらVPS512からVPS1.5Gへの移行(Debian)」の記事を参考にさせて頂きました。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)

フォローする

banner