w3mでDLすると解凍できない

Linux/FreeBSD上で、よくw3mを使ってダウンロードすることがあるのですが、最近、WEB上のファイルをダウンロードすると、解凍できない事が、多くなってきたように思えます。(もう1年以上前から思ってはいたのですが・・^^ゞ)
WindowsやWgetでダウンロードすると問題なく解凍出来るので、ダウンロードするファイルに問題が無いことはわかります。

例として、最近よくダウンロードするMODxの公式サイトの、あるページのMODxテンプレートファイルをw3mでダウンロードします。
これを解凍してみると、

Archive:  Black_and_Blue_Template_1.zip
  End-of-central-directory signature not found.  Either this file is not
  a zipfile, or it constitutes one disk of a multi-part archive.  In the
  latter case the central directory and zipfile comment will be found on
  the last disk(s) of this archive.
unzip:  cannot find zipfile directory in one of Black_and_Blue_Template_1.zip or
        Black_and_Blue_Template_1.zip.zip, and cannot find Black_and_Blue_Template_1.zip.ZIP, period.

こんな感じで、解凍出来ません。

早速、w3mの設定ファイルを調べてみると、~/.w3m/config内のaccept_encodingの圧縮方法が怪しいので、一つずつ、オプションを変更して試してみました。

すると、gzipとdeflateを外すことで、解凍出来る事がわかりました。
ですので、今の設定は、

accept_encoding bzip, bzip2, compress

に設定することで、問題はなくなりましたが、これが本当に解決策なのかは不明で、たまたま私の環境だけの事かもしれません。

察するに、サーバ側で、gzip圧縮やdeflateがかかっているので、二重に圧縮されるのではないかと思います。
ちなみに、w3m上で”o”を押すとオプション設定画面になりますが、accept_encodingを空白に設定すると、デフォルトに戻ってしますので、注意です。

自分が解決出来たので、良しとしよう!(。。)(゜゜)ウンウン

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner