VMwareにWindows8.1をインストールしようとしたら無人応答・・のエラー

VMware Fusion 6.x上に、Windows8.1ProとEnterprise版をインストールしようとしたら、セットアップの段階で、
「無人応答ファイルに無効なプロダクトキーが含まれています Windows のインストールを続行するには無人応答ファイルから無効なキーを削除するか、または、無人応答ファイルに有効なプロダクトキーを提供してください。」
とのエラーが出た。

Windows8.1 setup

そのまま、インストールディスクを読み込んでいるのに、無人応答ファイルって何?と思いながらも、ググってみると、インストールプログラムが、インストール情報ファイルをインストールディスク以外も検索してしまう事により発生する事が原因のようです。

解決策は、VMware上Windows8.1仮想マシンの設定で、フロッピードライブを無効にするか、フロッピードライブを削除してあげればOKです。
floppy drive delete

この変更の後にセットアップを行えば、先のエラーが出ずに、インストールを進めることが出来るかと思います。
私の環境では、これであっさりセットアップが出来ました。

Windows8.1 setup

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner