UPADがDropboxとGoogleDocsに対応

メモ帳として、今一番気に入っているiPadアプリ「UPAD」が1.8にバージョンアップされ、DropboxとGoogleDocsへアップロード送信可能になった。

UPAD App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥600

編集中のデータをそのままアップロードが出来るのではなく、PDF変換後にアップロード可能となる。

UPAD 1.8

このアップロード機能追加の他にも、図形をかける直感的なRuler modeの追加や、文書それぞれにパスワードの設定が可能になった。

Ruler modeの使い方は、画面左下の三角定規をクリックすると丸いアイコンが2つ登場するので、それをクリックすると、直線・丸・四角モードにそれぞれ切り替わるので、そのアイコンを左指などでクリックしておきながら、右手で図形を書きます。

この機能のお陰で、より正確な直線・丸・四角が書けるようになりましたよ。

益々、便利になっていくUPADですが、次はEvernote対応と手書きや書いた図形の移動・コピーが出来れば、うれしいので、期待したいところです。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
  • ひかげ

    ひかげStyleのひかげです。

    この記事を見て、すぐに買いました。

    手書きとテキスト、写真までが使えるので用途の幅が広がりますね。

  • washo

    こんにちは、ひかげさん。
    たいした記事ではないのに、ご覧頂いてありがとうございます。
    ひかげさんの事だから、てっきりご存じのアプリかと思ってました。(^_^;

    UPADはプレゼンも出来るし、気軽にPDF上にメモできるので、今でも私の愛用アプリになってますよ。

banner