TimeMachineのバックアップ間隔を変更

アプリケーション-70iMacが来てから、TimeMachine用外付け用HDDが、よく起動してカリカリ音がすると思っていたら、TimeMachineのバックアップ間隔が1時間であることを忘れてました。

さすがに、1時間毎のバックアップは必要ないので、変更した。

Terminalを起動して、CUIで変更するだけですが、システムを弄るので慎重に。

Terminalから、

sudo vi /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto.plist

を実行し、下記の欄を編集します。

<integer>3600</integer>

3600はバックアップ間隔(3600÷60÷60=1時間)の秒数なので、私の場合はこれを1日(86400)にしました。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner