TiddlyspotにGTDstylewikiを

ふと気付いたら、久しぶりのブログ。

今週初めから、GTD関連をまとめたいと思い、眠っていたTiddlywikiのファイルを叩き起こして、再活用しようと作業してました。

そこで、Tiddlywikiをベースに、GTDstylewikiとtiddlyspotでの活用を検討した。

tiddly

やりたかった事:

  • まずは、眠っていた旧Tiddlywikiをアップデート
  • いつでも、どこでも作業できるように、Tiddlyspotでアカウント作成
  • オンラインでは、個人的で非公開にしたいので、パスワード制限
  • GTDstylewikiをTiddlyspotに持っていきたい
  • Tiddlyspotでなくても、UploadPluginを使えば、通常のTiddlywikiでもサーバ上で管理出来るので、サーバ上でTiddlywikiを運営

作業したこと:

  • Tiddlywikiのアップデート
    TiddlyWiki — a non-linear personal web notebook
  • tiddlyspotでアカウント作成
    アカウントがそのまま、URLサブドメインになります
  • 作成したtiddlyspotのページ内のcontrolpanelでアクセス制限を確認
    デフォルトでは、プライベートになっているようです
  • GTD Style Wikiをダウンロード
  • GTD Style Wikiをローカルで立ち上げ、空のテンプレート作成でファイルを作成
  • tiddlyspot内のdownloadにて、自分用のtiddlyspotファイルをダウンロード
  • GTD Style Wikiのテンプレートファイルをブラウザーで開いたまま、tiddlyspotでダウンロードしたファイルをGTDStyleWikiテンプレートファイルに置き換える。
  • ブラウザに戻り、保存&更新
  • SideBarOptionsに下記を追加(hogeを適宜変更)
    <<upload http://hoge.tiddlyspot.com/store.cgi index.html backup .>><html><a href='http://hoge.tiddlyspot.com/download.cgi?file=index.html' class='button'>download</a></html>
  • サイドバーにupload若しくはsave to webの文字が現れるので、バックアップ作成を行ってみる。
  • 問題なくバックアップが作成されたら、自分のtiddlyspotページにアクセスし、変更されていたら成功
  • tiddlyspotに関係なく自分のサーバ上で管理したい場合には、下記を参照
    サーバ サイドの TiddlyWiki 運用-UploadPluginの使い方
  • XREA(Coreserver)上で使用する場合には、store.php,download.phpをcgiで動作させた方が良い

てな訳で、GTDwikiをtiddlyspotへ導入でき、Tiddlywiki作業に3日程、没頭してました。(^^;

TiddlywikiでGTDだと、今更だと思いますが、こうやって備忘録を書くと、結構面倒っすね。

やっぱり、iGoogleで、Remember The Milk、Google Calendar、Google Noteを使った方がいいのかな~?

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner