Snipshotを使う必要がなくなってきた

WEB上の画像を、いろんなフォーマットで保存できたり、加工して、オンライン画像サービスにアップロードしたりと、ブログを書く際には、重宝していたFirefoxのプラグイン「Snipshot

snipshot

最近では、保存先にFlickrがなくなり、WebShotもなくなり、ついにはEmailのみに。

そう思っていたら、今度は、Free hostと言うのが登場。

これでは、変化が多いので、ユーザは引きますよ。 そんなわけで、さらばSnip Shot。

この代用に、新たに、「Fireshot」と言うスクリーンショットプラグインを導入。
Snipshotとは、若干、趣が違いますが、ご愛敬で。(^^;

Fireshotを使うと、WEBページ全体や範囲指定して、スクリーンショットが取れ、ここまでは普通のスクリーンショットなのですが、キャプチャーした後に、文字を入れたり、図形を挿入したり、加工して、保存及びアップロードが出来て、かなり便利なプラグインです。 満足、満足!

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner