Pukiwikiがより便利になってる

サーバを移転したついでに、今までPukiwiki Plus 1.4.6で構築していたページを、SubversionでPukiwiki Plus 1.4.7にバージョンアップしてみた。

文字コードもEUCからUTFに変えたので、wiki内のデータをコード変換してみたのだが、なぜか一部分が変換できなかった。

まぁ、あまり気にしないで、今までの内容をチェックしてみたところ、細かい部分に修正や機能が組み込まれてて、さらに便利になっていた。

一つは、記事作成中のリアルタイムプレビュー機能で、wikiで記事を編集しているとプレビュー画面が出てくるので、wiki書式の間違いなど、すぐに発見できる。

もう一つは、ポップアップで記事の内容が表示される機能で、検索画面で、ヒットした記事のリストが見出しで表示されるのだが、ここにマウスを持っていくと、内容が表示される。

この他にも、便利な機能がサポートされてます。

  • 外部認証APIをサポート

    TypeKey– http://www.sixapart.jp/typekey/

    はてな認証API – http://auth.hatena.ne.jp/

    livedoor Auth – http://auth.livedoor.com/

    JugemKey – http://jugemkey.jp/

    OpenID – http://openid.net/ (日本語)

  • スパムフィルタを添付ファイルにも適用
  • プラグインの追加(bubbles,print,nonlist)

サーバ移転に伴って、PukiwikiからMediawikiに移行しているのだが、より便利になったPukiwikiもやっぱり並行して、使っていきたいと思いました。

データベースも必要ないし、Mediawikiよりは軽いし、気軽に書き込める点では、Pukiwikiの方がいいね。

technorati tags:Wiki

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner