Post Updatedプラグイン

ブログを書いていると、急いで書いたり、変換間違って投稿したりすることが、よくあります。
後になって、読み返したら間違っていたり、他の方から間違えを指摘されると、恥ずかしいですよね。

そんなわけで、過去記事を編集したら、最近の編集日時を表示させるプラグイン「Post Updated」を導入してみました。
簡単に言えば、SSIやJavascriptで行うLast Updateと同じ機能ですね。
サンプルとして、過去の「Nike+Sport kit」の記事をご覧頂くと、”2007/xx/xx Updated“と表記されると思います。(現時点のテーマを変更したら、出てないかも)

導入方法と簡単な説明は下記へ

導入方法:

  1. Post Updatedをダウンロードし、解凍
  2. post-updated.phpをプラグインディレクトリにアップロード
  3. 管理画面のプラグインで、Post Updatedを有効化
  4. テーマで表記させたい場所に、
    <?php post_updated('Y/m/d', 24, '*', ' Updated', false, true); ?>

    を挿入

補足:
post_updated(‘Y/m/d‘, 24, ‘*‘, ‘ Updated‘, false, true);
を簡単に説明すると、作成した時間から24時間(1日)以上経過して、編集されたら、
* Y/m/d Updated と表示してねって事です。

また、プラグインの判定をしておきたかったので、私のサイトでは、下記のように記述してます。

<?php
if (function_exists(‘post_updated’)){
echo “<p style=’color:red;’>”;
post_updated(‘Y/m/d’, 24, ‘*’, ‘ Updated’, false, true);
echo “</p>”;
}
?>

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner