AppleTV 2.4を暫定XBMC化

何気に、AppleTVのバージョンを2.3から2.4にアップデートしたら、インストールしてたXBMC,Boxeeが消えてしまいました。

もう一度、インストールし直せば良いのかと思ったら、まだ2.4に対応したバージョンがリリースされていないようで、暫定的な手順で、2.4のバージョンでXBMC化してみたのでメモ

AppleTV2.4へatv-xbmcをインストール手順:

  • mk-atv-xbmc-ssh(2-4).batをダウンロード
  • http://atvusb-creator.googlecode.com/files/atv-win-1.0.b11.zipをダウンロードして解凍
  • 解凍して出来たフォルダに、mk-atv-xbmc-ssh(2-4).batを入れる
  • mk-atv-xbmc-ssh(2-4).batをダブルクリックして実行
    (CLIで直接起動しても可)
  • 正常に実行されたかを確認
    atv-xbmc-ssh.imgのファイルが出来ていればOKかと
  • 管理者モードで、USB Image Toolを実行
  • 必ず、左上のモードを”Device Mode”にすること。ここ重要!!
    2009-07-01 23-06-48
  • 1GB以上のUSBメモリディスクを挿入し、Restoreを押して、先ほどのatv-xbmc-ssh.imgを選択し、書き込む
    USBメモリの中身は今までのデータが全て消えるので注意!!
  • 書き込みが完了したら、USBメモリをPCから抜く
  • AppleTVの電源を切り、USBメモリをさして、電源を入れる
    直接、電源ケーブルの抜き差し
  • atv-xbmcが起動し、Linux画面でインストール作業が始まるので終わるまで待つ
    最下部に、”Ubuntu login:”の画面が出て入れば、完了していると思ってよい
  • 再度、AppleTVの電源を切る
  • 差したUSBメモリを取り外す
  • AppleTVの電源を入れる
  • メニューにXBMC,Boxeeが表示されて入れば成功
  • XBMC,Boxeeをアップデート

以上で、ほとんどの作業は完了したのですが、私の環境では、Boxeeがブランクスクリーンになったり、XBMCでsmb接続が出来なかったりしていますので、もう少し様子をみる必要があるようです。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)