サイトの最適化を行いGTmetrixで念願のAA達成

ブロガーの方は、おそらくご存じの事と思います、サイトのパフォーマンスを分析し、表示速度や問題点を調べてくれるサービスに「GTmetrix」があります。

表示速度が遅いと、PVや直帰率が悪くなり訪問者が去る事も大いにあるので、せっかくSEOに最適化されたStinger2テーマに変更したこともあり、いろいろと改善してみた結果、

念願のGTmetrixでAA達成ー!!

これに至った経緯を下記に記します。

サイトの構築状況では、nginxでtmpfsを利用したキャッシュ、CloudFlareによるCDN・キャッシュを有効にしています。

テーマ変更前

まず、Stinger2テーマ変更前の解析結果は下図の通りで、Twenty Twelveでカスタマイズしたテーマを利用していました。
gtmetrix-tt

Stinger2テーマに変更後

次に、Stinger2に変更した解析結果ですが、競合するプラグインや不要と思えるプラグインを無効にしているので、表示速度が早くなりました。

gtmetrix2

かなり表示速度が上がったので、さらなるプラグイン等を削っていけば、高速化が図れそうです。

さらなるカスタマイズ

表示速度はBからAとなり、十分なので、YSlow Gradeを改善することにしました。 ここからは、最適化に向けて、いろいろ弄りました。

  • 画像圧縮にEWWW Image Optimizerを導入し、今まで投稿された画像を最適化。 Linuxシステム上に、jpegtran,optipng,pngout,gifsicleが必要
  • Stinger2内のイメージもjpegtran,optipngにて圧縮
  • WordPressプラグインのW3 Total Cache を導入、有効化
  • W3 Total CacheとCludFlareの連携
    • DOS攻撃などのサイバーアタックを未然に防ぐことができるSecurity LevelをMedium
    • Javascriptの読み込みを改善してくれるRocket LoaderをAutomatic
    • HTMLやCSS、Javascriptファイルを最小化してくれるMinificationをCSS,Javascript,HTMLに適用
  • アマゾンアフィリエイトコードを一旦削除(私の場合ボトルネックになっていた)

このような最適化に向けた作業を行った結果、下図のAAを達成することが出来ました。\(O)/

gtmetrix3

ちなみに、時間帯によっては、表示速度(Page load time)が1秒台に表示された事もありました。

謝辞

まずは、作業に当たり、下記、先人のお知恵をお借りし、GTmetrixにてAAを獲得できた事を感謝いたします。

ページの読み込み速度を劇的に改善!CloudFlareとW3 Total Cacheを組み合わせて高速化する方法 | gori.me

 

 

【WordPress】ブログ高速化AA達成!6つのW3TotalとCloudFlare併用設定 – ゆめぴょんの知恵

W3 Total Cache …

 

SEO対策に強い無料WordPressテーマ「Stinger」

 

 

最後に残念な報告ですが、Stinger2テーマに変更して1週間以上経過していますが、PV及び収益が減少したまま、今のところ変化が見られないです。orz

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner