nginxでtmpfsを試してみる

nginxでプロキシのキャッシュをtmpfsに置けば、少しは早くなるかな?って事で試してみた。

使用環境は、
さくらのVPS 1.5
Scientific Linux 6.1
nginx 1.0.4

nginxで正常に稼働しており、プロキシ設定が既に施されている前提での作業です。

nginx用にtmpfs作成

[bash]
# mkdir -p /tmpfs/nginx
# chown apache:apache /tmpfs/nginx
# mount -t tmpfs -o size=100m /dev/shm /tmpfs/nginx
# df -H
Filesystem Size Used Avail Use% マウント位置
/dev/sda2 19G 4.1G 14G 23% /
tmpfs 788M 0 788M 0% /dev/shm
/dev/sda1 104M 50M 50M 50% /boot
/dev/sdb1 32G 2.2G 28G 8% /home
/dev/shm 105M 0 105M 0% /tmpfs/nginx
# df -F tmpfs
Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
tmpfs 768836 0 768836 0% /dev/shm
/dev/shm 102400 0 102400 0% /tmpfs/nginx
[/bash]

nginx停止

[bash]# /etc/init.d/nginx stop[/bash]

tmpfsのキャッシュをnginxのディレクトリへシムリンク

[bash]# mv /var/cache/nginx /var/cache/nginx.bak
# ln -s /tmpfs/nginx /var/cache
[/bash]

nginx起動

[bash]# /etc/init.d/nginx start[/bash]

とりあえず100Mのメモリキャッシュを作成し、状況を見て、キャッシュの時間と容量を調整しようと思う。

P.S. さくらのVPS上にScientific Linux 6をインストールした際に、既に/dev/shmにtmpfsがマウントされているので、これをそのまま利用しても良いかと思うが、私があまり詳しくないので、今回は、nginx用にtpmfsを別途作成してみた。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner