無印良品のベッドと西川羽毛布団の組み合わせで新調

シェアする

マンションへ引っ越して、布団からベッドへ環境が変わりました。

ベッドを購入する前には、シモンズやシーリー、フランスベッドのメーカーを見て回ったのですが、なかなか決めかねて、これまた勢いで無印良品のベッドにしちゃいました。
とは言え、一応、無印良品のベッドも下調べして、値段の割に良いとの評判だったもので。

ベッドフレームでは、収納タイプをチョイス
無印良品の方に配送・組み立てをしてもらいました。

マットレスは、高密度タイプのポケットコイル

これだけで、80kg近くあるらしいので、ここで位置決めをしてもらいました。

マットレスカバーとベッドパッドを敷いて、これでほぼ10万円くらい。
これを家族3人分購入です。

寝心地はと言うと、よく出張や旅行でホテルのベッドに泊まると腰が痛くなる事があるのですが、全く腰が痛くなる事はなく、今までが煎餅布団みたいな布団でしたから、マットレスを固めを選んで違和感がなかったのかもしれません。
マットレスの固さって、実際、店舗で座ったり寝てみても、実際に眠ってみない事には、わかりませんよ。

今回、普通より固めを選びましたが、実際に寝てみたら、思ったより固めで、ポケットコイルの沈み込みが効いているのかわからないくらいです。 でも、朝起きてみて、腰が痛くないので、効いている証拠なのかもしれません。

掛布団では、西川の羽毛布団を購入したところ、めちゃめちゃ軽く、凄く暖かい。
嫁と子供は、今まで電気布団を使用していましたが、羽毛布団にしてから必要なく、布団を剥ぐくらい暖かいとの事。

写真には写っていませんが、枕には以前購入した、じぶんまくらを愛用です。

眠る環境って本当に大事ですよね!

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner