Misfit Shineのスイミング(水泳)モードを試してみた

Misfit Shineの購入動機の一つであるスイミング(水泳)モードを試してみました。
IMG 4363

プールへ行って水着に着替えて、さぁ泳いでみようとしたら、スポーツバンドに装着していたShine本体が見当たらないではありませんか。
早速、紛失したー(T-T)と思ったら、着替える途中で外れたようで、近くに落ちてたと言うトラブルに見舞われました。

それは、さておき、泳ぐ前には、iPhoneのマイShineでトリプルタップによるアクティビティータグをスイミングモードに設定してシンクロしておきましょう。

Shineは50m防水なので、プール内で使うのは何ら問題はありませんが、Shine自体およびスポーツバンドに装着しても沈み事を確認したので、外れないように注意した方がよいでしょう。
泳いでいる途中でShineが外れたら、海や川で泳いでたら、まず見つからないでしょうね。
私が泳いだプールも最深4m程なので、見つけるのは大変かもしれません。

今回、お昼にプールで約30分・1000mをゆっくり泳いだデータがこちら。
IMG 4366

腕の振りで計測しているのだと推測してますが、クロール、平泳ぎ、バックなど、どのように計測しているのでしょうね?

やっぱり、一々トリプルタップのモード変更するのは面倒だなぁ。
是非、改善を求む。

ちなみに、この酷暑の中、夕方にジョギングしたデータも、しっかり反応してくれたようです。(#^.^#)

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner