mosh

さくらのVPSにMosh(mobile shell)をインストールしてみた。

Moshは、SSH接続でセッション切れを解消し、軽快に動作するターミナル支援ソフトです。

導入方法の前に、こちらの環境では、下記の条件とします。

  • OSがScientific Linuxを使用(FedoraやCentOSなどでも同じ)
  • SSHが既に導入済みの事
  • epelのリポジトリが導入されている事

さくらのVPS側(リモート)の設定

# yum -y install mosh

moshは、6000〜61000のポートを利用するので、iptablesの設定変更が必要となります。
/etc/sysconfig/iptablesに開放ポートを追記します。(udpなので注意)

# vi /etc/sysconfig/iptables

......

-A FIREWALL -p udp -m udp --dport 60000:61000 -j ACCEPT_CONTRY

保存後、iptablesを再起動

# service iptables

接続元(クライアント)の設定

Moshの公式ページからダウンロードし、クライアント側にインストールします。

通常、$ ssh [email protected]と接続しているところを、
$ mosh [email protected]に変えるだけで、moshによる接続が利用できます。

Tips

  • ポート指定で接続する場合(1234の場合)
    $ mosh --ssh ="ssh -p 1234" [email protected]
  • 鍵認証で接続(identityの場合)
    $ mosh --ssh="/usr/bin/ssh -i ./identity"  [email protected]
  • 接続後にscreenを再接続
    $ mosh [email protected] -- screen -dr
  • 毎回、接続方法が決まっていれば、.ssh/configを作成しておいた方が楽
    $ cat ~/.ssh/config
    Host SakuraVPS
    HostName 接続先のIP若しくはドメイン
    User 接続ユーザー名
    Port 1234 (変更してある場合)
  • moshのセッションが何らかで生き残っていた場合、全てのセッションをkillしたい場合
    kill `pidof mosh-server`
スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)

フォローする

banner