IPv6無効化

デフォルトでは、IPv6が有効になっているため、必要ないので無効化

執筆時(Scientific Linux 6.4)の環境では、下記の作業だけでIPv6が無効化されるようです。

  1. /etc/modprobe.d/下にdisable-ipv6.confのファイルを作成(名前は任意でもOK)
  2. ファイル内容を下記一行書いて保存
    install ipv6 /bin/true
  3. 再起動

もっと簡単に書けば、下記でいけるでしょう。

# echo 'install ipv6 /bin/true' > /etc/modprobe.d/disable-ipv6.conf ; reboot
  • /etc/sysconfig/networkを修正
    NETWORKING_IPV6=yesをnoへ
  • /etc/modprobe.conf に以下の設定を追加
    alias ipv6 off
    alias net-pf-10 off
  • ip6tablesをオフ
    # /sbin/chkconfig ip6tables off
  • 再起動
  • ifconfigで無効化を確認
    下記の様なinet6の行が見あたらない(消えている)と無効化になってる。
    inet6 addr: fe80::XXXXXXXXXXX/64 Scope:Link

補足:

modprobe.confを修正していれば、先頭行のnetwork(NETWORKING_IPV6=no)の設定は不要との事ですが、書いておいても問題はない。
また、下記のコマンドでも無効化に出来るようです。

# install ipv6 /sbin/modprobe -n -i ipv6
スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)

フォローする

banner