初期導入パッケージ

yum

環境:Scientific Linux 6.4 x86_64

yumにて、必要なパッケージを導入しました。

# yum update
# yum install 各パッケージ名
  • screen
  • w3m
  • vsftpd
  • nmap
  • fuse

remiパッケージ導入

CentOSのyumパッケージでは、 apache,php,mysqlのバージョンが古いため、最新版を導入したいので、remiパッケージを導入

  • http://rpms.famillecollet.com/enterprise/から、remi-release-6.rpmをダウンロード
  • /pub/epel/5/i386/から、epel-release-5-4.noarch.rpmをダウンロード
    epelはyumパッケージよりインストールが可能になりました。

    # yum install epel-release

リポジトリ追加

# rpm -ivh remi-release-6.rpm

remiによるパッケージ導入

# yum --enablerepo=remi install パッケージ名

毎回指定するのが面倒な場合には、
/etc/yum.repo.d /remi.repo内の、
[remi]

enabled=0 を1に変更して保存
その後、yum 更新

# yum update

apache+php+mysql導入

# yum install httpd.x86_64 php-devel mysql memcached mysql-server php-mbstring.x86_64  php-mysql phpmyadmin

設定等は別ページにて。

rpmforgeパッケージ導入

# rpm --import 
# rpm -ivh 

参考までに、32bit (i386)の場合:

# rpm --import 
# rpm -ivh 

yumから直接インストールが可能になりました。

# yum install rpmforge-release

/etc/yum.repo.d /rpmforge.repo内のenabled=1を0にした。

非パッケージによるソフトウェア

afio

# wget http://www.ibiblio.org/pub/linux/system/backup/afio-2.5.tgz
# tar zxf afio-2.5.tgz
# cd afio
# make;make install

webmin

# wget http://sourceforge.net/projects/webadmin/files/webmin/1.650/webmin-1.650-1.noarch.rpm/download
# rpm -ivh  webmin-1.650-1.noarch.rpm
# /etc/init.d/webmin start

クライアント側のブラウザより、 http://sakura-vps.IPアドレス:10000/へアクセス
ログインにrootとパスワードを入力
Webmin ConfigurationのLanguageを日本語に変更
左欄のSystem Informationにて、アップデートがあればダウンロード更新を行う

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)

フォローする

banner