MacBook Air衝動買いと開封の儀

先週末に、近くの電気店にてMacBook Airを見に行き、メモリ2GBじゃ足りないし、後から増設できないので、こりゃ使えないかなぁと、値段だけを聞いて帰ったわけですが、本日、昼休みに衝動買いしてしまいました。

(対象商品はこちら)

我が家には、MacBook,iMac,iPad,iPhone,iPod,AppleTV,TimeCapsuleなどのアップル製品が沢山あるのに、何故か欲しくなってしまうと言う恐ろしきアップルマジック。

買った理由は、子供にMacBook取られたし、iPadはカミさん使ってるし~と、買う理由を探してみる自分がそこに居るのだが、反対に、単に欲しいだけやん!と、もう一人の自分がいる。
他の方のレビューを見ると、2GBで十分で、フラッシュドライブが思うの他、キビキビ動作するので、swapがほとんど気にならないとの好評価を目にすると、物欲にかられ、まぁスペック低くても、どんなものか買ってみたと言うのが正直な理由です。

せっかくなので、いろんな方が、購入された際に行う、開封の儀を真似てみました。

まず、片手で持てるほど、箱自体も小さい。
MacBook Air

箱を開けると、MacBook Air本体と、電源、取り説パッケージが入っている。
MacBook Air

MacBook Air

取り説パッケージの中に、再インストール用のUSB OSが入っていた。
MacBook Air

本体を開けると、ディスプレイ保護シートが挟まっている
MacBook Air

USBのOSでインストールするのかと思い、起動してみると、既にOSや付属パッケージもインストール済みであった
MacBook Air

Macを最初に買うと表示されるデモムービー。
これ、いつ見ても、新規購入したんだと思わせますね
MacBook Air

購入時から、バッテリは充電されているようで、2時間近くは使えるみたい
MacBook Air

この後、充電したところ、約1時間で充電完了しました。

開封から、OS設定が終わるまで、10分もかからないと言う簡単さ!
(もちろん、WiFi・AppleIDなどの準備が整っていた場合です)

新し物好きな小生にとっては、またオモチャが増えたわけで、週末、台風が来て、きっと自宅待機なので、ソフトインストール作業に費やす予定です。

ちなみに、近くの電気店では、既に在庫薄の状態で、運良く2GB/128GBは入荷したばかりとの事で、交渉の末?アカデミック価格よりも安く購入でき、おまけにUSBイーサアダプタやiPad VGAコネクタなども、一緒に買ったところ、気持ち値引いてくれましたよ。

新型MacBook Airは、ホント薄いので、バキッと折らないように、注意するだけですね。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner