Lazy Loadを導入しました

海外のサイトで時々、ネットサーフィンしていると、表示している画面をスクロールしたときに、その都度、画像を読み込んでくれる表示するサイトがあって、なかなか良いな〜と頭の片隅に残ってました。

そんな中、この表示方法が、「Lazy Load Plugin for jQuery」と言うjQueryプラグインである事を知り、早速、WordPressのプラグインでないものか探してみると、やはりと言うか、「jQuery lazy load plugin」と言う名前で提供されておりましたので、そのまま導入し、有効化してみました。
ちなみに、ソースは、wp-jquery-lazy-loadのようです。

特にオプションはありませんが、しっかり、エフェクトもかかって画像がロードされているようで、お気に入りのプラグインの一つになりました。

これを導入すると、ディスプレイに表示されている箇所だけ画像を読み込み、さらに、スクロール(下200pxくらい?)を先読みしてくれて、スクロールの都度、画像がロードされるため、無駄な読み込み時間が減り、結果的に、スピードアップされると言うことですね。

なんか、よく、わかんなぁい!

と言う方は、下へスクロールして古い記事を見てみて下さい。
スクロールに合わせて、画像がヒョコヒョコと現れてくるはずですよ。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner