JPEGminiよりコスパがよいPhotoBulk

もともと圧縮されているJPEGファイルを、さらに容量を少なくし、劣化がほとんどなく圧縮出来るソフト「JPEGmini」が凄く評判良いですが、新たに同様の機能を持った「PhotoBulk」と言うアプリがあるのを知りました。

385877993551

試しに、iPhone5で撮った画像で比較してみました

まずは、オリジナル画像 (4.3MB)

IMG 3513

続いて、JPEGminiで圧縮後の画像 (1.9MB)

IMG 3513

最後に、PhotoBulkで最高圧縮 (1.2MB)

IMG 3513

拡大画像の比較として、建物左上部を500%に拡大 (左:JPEGmini、右:PhotoBulk)

JPEGmini500Photobulk500

 今回、1枚の画像で検証した結果、JPEGminiの圧縮とPhotoBulk圧縮80%程が同等の圧縮率のように感じられる。
両方とも圧縮した倍率なしの標準画像だと、際立って遜色はなく、圧縮による劣化はわからない程であるが、若干、色調が違うようだ。

差し当たり、JPEGminiとPhotoBulkの比較表を作ってみたので、参考まで。

JPEGmini PhotoBulk
圧縮
最高圧縮だとJPEGminiの1.5倍
サポートフォーマット JPEGのみ JPEG,PNG,GIF,BMP,TIFF
複数処理
リサイズ ×

ウォーターマーク ×
Drag&Drop
価格 ¥1700 ¥850
ダウンロード先 App Store App Store

PhotoBulkを使い出すと、JPEGminiより約半額で購入出来る上、リサイズ、ウォーターマーク、サポートフォーマットの多さから、もはやJPEGminiの必要性が薄くなってきました。
WordPress内の画像などでは、JPEG,PNGなどのファイルが混在しているので、一気に圧縮したい場合には、PNGもサポートしている点は大きいと思います。

尚、今回はPNGファイルの圧縮比較は行っていませんが、しばらくはPhotoBulkを切り替えて利用してみようと思ってます。

値段も安く、機能も上のPhotoBulk! で、いつ買うか!・・・

PhotoBulk: Watermark, Resize and Optimize (Version 1.4) App
カテゴリ: 写真
価格: ¥850
 

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner