iPhone6/Plusの電池寿命を延ばすため無印良品のタイマーコンセントを購入

シェアする

iPhone5使用時には、バッテリープログラムの不具合もあり、半日とバッテリーが持たなかったため、モバイルバッテリー必須でしたが、iPhone6 Plus(以下6P)に変更して、バッテリ容量も増えたため、バッテリーの持ちも良く、モバイルバッテリーは必要なくなりました。

ちなみに、iPhone6 Plusのバッテリーバックは、2915mAhのリチウムイオン電池のようで、5Sの約2倍の容量らしいです。

iPhone6を使い始めたばかりなので、せっかくだから、バッテリーを効率的に充電して使用しようと、無印良品の「タイマーコンセント(コンセント直結式・24時間くりかえし) 型番:TJ‐40」を購入してきました。

IMG 6824

アップル公式にて電池に関する事が下記のようにかかれております。

デバイスのバッテリーをフルに充電したり使い切ったりせず、50%前後充電した状態にします。バッテリーを完全に使い切った状態で保管すると、バッテリーは重放電という状態になり、充電された状態を保てなくなる可能性があります。反対に、完全に充電した状態で長期間保管すると、バッテリーの容量の一部が失われ、駆動時間の短縮につながる場合があります。

バッテリー残量が50%前後だとすると、30%〜80%間を維持する用に使えば良さそうです。
詳しいことは、「リチウムイオン電池の特性からパソコン・デジカメのバッテリを長持ちさせる方法を考える」の記事が大変参考になるかと思います。

仮に6Pの電池が50%残量だとしましょう。
ANKERの2A出力で充電したとして、1時間に約15%程充電されますので、約2時間で30%充電で、6Pの残量が80%になる予定です。
寝ている間に、充電していたら、100%フルに充電されるのを防ぎたいので、そこで、無印良品のタイマーを使用するわけです。

無印良品のタイマーの使い方は、「無印良品「タイマーコンセント TJ-40」」の記事をご覧頂いた方が、わかりやすく詳しく書かれていますのでご参照下さい。

かなり、メカニカルなタイマーで、一度セットしてしまえば、毎日繰り返し動作しますので、手間もかかりません。
私の場合、寝ている間に2時間電源が入るようにセットしています。

このようにバッテリーに優しい充電の使い方で、少しでもバッテリーが長持ちしてくれたら良いですね。

ちなみに、この「タイマーコンセント(コンセント直結式・24時間くりかえし) 型番:TJ‐40」は、900円とお安いですし、
今日から、ナント、期間限定で10/14まで10%オフですよ。

Muji off 2014f

私も、もう1,2個買い増ししたいと思います。(^_^;

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)

シェアする

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
  • 通りすがり

    これ、かなりバッテリー寿命伸ばせると思います。満充電を避けて、80%以下とか、50%以下で使用していれば、2~3倍以上も寿命が延びるらしいですね。
    私もiphoneではありませんが、バッテリー交換できないスマホなので、無印タイマー買ってみようと思います。
    このタイマーと、500mA充電(非急速充電)を組み合わせれば、本当に電池に優しそうですね。

    http://matome.naver.jp/odai/2140631387786243601

  • 通りすがりの方

    わざわざコメントをありがとうございます。
    実際にバッテリーの寿命が延びるのか実感は湧きませんが、信じて今でも使ってますよ。
    無印タイマーは、メカニカルで最低限の機能で十分ですし、1000円でお釣りが来ますしね。
    無印週間で10%オフの時に買うと、もっと安く買えますね。(^_^;

banner