iPad Proが来て購入したもの

IMGP0299.jpg

iPad mini RetinaからPro 10.5インチへ買い換え」でiPad Proが届いたわけですが、いつものように周辺のアクセサリを幾つか購入したので、ご紹介します。

Apple Pencil

Apple Pencilを使いたいがためにiPad Proを購入したと言っても過言ではないので、Apple Pencilは必須です。

applepencil

噂通り、スタイラスペンと違って、細い字や感圧に寄る濃淡の絵が描けて、すごく使いやすいです。 ただ、iPad Proのlightning端子にさしての充電は、ダサすぎて、折れそうで怖いです。 付属のlightning変換を使って充電したほうが安心そうです。

保護フィルム

やはり、保護フィルムは貼っておくと安心感があるので、いつもならガラスフィルムを貼るのですが、Apple Pencilを使うとなると、保護フィルムの選択に悩みます。
私が悩んだのは下記の保護フィルム

  • ガラスフィルム(光沢)
    視認性が良いが、Apple Pencilでは滑りやすく、カツカツ音がする
  • ガラスフィルム(アンチグレア)
    視認性が少し悪くなるが、Apple Pencilも程よく滑らず、指先でも汗で引っかかることがない
  • ペーパーライク
    視認性が少し悪くなるが、Apple Pencilが紙に書くように使いやすくなる。反面、ペン先の消耗も早くなる

私の場合、Apple Pencilでゴリゴリ絵を書くわけではなく、電子書籍や動画を見る機会の方が多そうなので、ガラスフィルム(アンチグレア)を選びました。

IMGP0294.jpg

アンチグレアフィルムを貼った感想としては、Apple Pencilでの感触はまずまずで、表面がサラサラしているので、汗ばむ手でも引っかかることなくスムーズに指で操作が出来ました。ゲームには最適。
しかし、やはりアンチグレアなので、正面は気になりませんが、少し斜めから角度を変えてみると、表面の白っぽさは出て、視認性は悪くなりますね。

ガラスフィルムは比較的貼りやすいのですが、最初は3箇所ほど気泡が入ってしまい、一度、隅からめくって貼り直したところ、綺麗に貼ることが出来ました。
しかし、めくった部分(四隅の一箇所)が反り気味になったため、どうやっても吸着せずに空気が入ったままなので、もう一度剥がして、反りを治そうとしたところ、バキッ!と割れてしまいました。(T_T)

なので、今は裸で使ってます。 orz

iPad Pro ケース

ケースについても、背面ケース・手帳型ケース・風呂ケースなど、いつも選択に悩まされます。
まぁ、今までだったら、Smart Coverかレザースリーブを選ぶのが無難でしょう。

Ipadpro cover

今回はApple Pencilの収納が出来、極力重くなるのを避けたいので、レザースリーブケースが私にはベストな選択でしたが、ちょっと高すぎなので、とりあえず下記のケースを購入してみました。

IMGP0298.jpg

純正に比べれば、かなり安価ですが、Apple Pencilも収納でき、折りたたむとスタンドにもなるし、それほど安っぽさもないので、値段の割に良い製品かと思います。
難点は、iPad Proの収納・出し入れについては結構余裕がなく、きつきつな感じなところです。
使いこなしていけば、少しは軟らかくなるかもしれないので、ちょっぴり期待です。

補足:キーボード

キーボードで、文章を沢山書きたい方にとっては、純正のスマートキーボード一択でしょう。

smart-keyboard

私の場合、iPad mini所持の際、カバー型のロジクール製キーボードを持っていたのですが、使用したのは指を数えるくらいだったので、キーボードは必要ないと判断しました。
一時的に必要であれば、ポケモンキーボードかAppleワイヤレスキーボードで代用したいと考えてます。

何より、重量が重くなるのも避けたかったですし。

アプリ・クラウドサービス

Apple Pencilを使ったアプリや、iOS11の影響で購入したクラウドサービスが、いくつか発生しました。

iPadアプリ

GoodNotesとNotabilityは、メモやPDFに注釈入れたりする定番のアプリで、Duet DisplayはPCのサブディスプレイとして活用できるアプリです。 画期的なアプリでは、Astropadと言うペンタブレット化出来るアプリがあり、PCのペンタブとしてPCとiPad Proで行き来して作業できる優れものなのです。 ただし、サブディスプレイとしては使用できず、かなり高額なアプリとなりますが、アーティストや仕事している人は買って損はないでしょう。一回限りでは約$30、年間では約$80です。

クラウドサービス

  • Evernoteプレミアム
    iOS11でATOK Padが使用できなくなったのが痛手となり、改悪で見限ったEvernoteに止む無くプレミアム加入
    iPad版のEvernoteアプリも便利になっているようです。
  • iCloud
    iPad Proが256GBと容量が増えたため、さすがに無料の5GBでは足りなくなってきたので、200GBへアップグレード
    純正メモがかなり使いやすそうなので、手書きの画層データが増えそうだし、家族でも共有できるので意外にお得かもしれません

これからも、必要なアプリやサービス加入が増えてきそうですが、とりあえず現状のアクセサリやアプリをご紹介しました。

何だかんだ、iPad Proが来て、周辺でもお金かかってしまいますね。(^_^;)

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner