SnowLeopard(Mac OSX 10.6.8)でiBooks Authorを導入してみた

Mac OSX 10.7.2言Lionは、購入だけしてて、私の周辺環境は、未だにSnow Leopardで使用しています。

先日、発表されたiBooks Authorでは、Lionでないとインストールさえ出来なく、使用することも出来ません。

iBooks Author App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: 無料

なので、Snow Leopard環境のまま、インストール及び動作を騙して使用してみました。
以下の作業は、システムを改変するので、自己責任にて。

インストール環境を騙す

  1. ターミナル起動(私はiTerm使用)
  2. cd /System/Library/CoreServices
  3. sudo vi SystemVersion.plist
  4. 10.6.8の部分を10.7.2に書き換え
    :%s/10.6.8/10.7.2/g
    1. SystemVersion.plist = (/System/Library/CoreServices) - VIM
  5. 保存
    :w!
  6. Appleメニューの「App Store…」 から、iBooks Authorをインストール
  7. ターミナルに戻る
  8. 10.7.2の部分を10.6.8に戻す
    “ESC u” でアンドゥすると楽
  9. 保存
  10. ターミナル終了

このままだと、iBooks Author起動しても10.7.2を要求するので、次にiBooks Authorを騙す

  1. ターミナル起動
  2. cd /Applications/iBooks Author.app/Contents
  3. sudo vi Info.plist
  4. 10.7.2の部分を10.6.8に書き換えて保存
    <key>LSMinimumSystemVersion</key>
    <string>10.6.8</string>

以上で、iBooks Authorが起動するはず。

内容的に、グレーゾーンなので、このメモが生き残るかは不明??

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner