macOS High SierraのインストーラーUSBを作成

本日、macOS High Sierraがリリースされました。

MacOS High Sierra installer icon 912x912

アップグレード方法や、新機能については公式の記事をご覧いただければと思います。

リリースされたばかりなので、すぐにアップグレードするには戸惑っているので、さしあたり、USBのインストーラーを作成してみました。
私の過去記事でも「OS X 10.8 Mountain Lion インストールUSBの作り方」を紹介しており、ほぼ、この方法で作成出来たりします。

ただ、今回のmacOS High Sierraでは、私のやり方が悪いのかもしれませんが、エラーが出て思うように作成出来ないので、コマンドラインでの作業となりました。

これまでのディスクユーティリティでの作成では

今までの方法だと、まず、USBをフォーマットします。
MacosHS1

そして、復元元でmacOS High Sierraのインストーラーイメージファイルを読み込みます。
MacosHS2

この後に、復元しようとすると、まずイメージのスキャンを行いなさいとの警告が出るので、ディスクユーティリティメニュー上のイメージ項目の「復元するイメージをスキャン」にて、イメージをスキャンする必要があるようです。

ここまで(スキャン終了)は問題ないのですが、この後に復元を実行しようとすると、下記のエラーで何度やっても復元できませんでした。
MacosHS3

なので、今回はコマンドラインでの作成作業で進めました。

コマンドラインでの作成

準備

  • 8GB以上のUSBで、初期化しておく
  • MacAppからmacOS High Sierraをダウンロードし、マウントしておく
    (ダウンロードが完了すると自動でインストーラーが立ち上がるので、終了して、そのままにしておく)
  • ターミナルを起動する(Application/Utilities/Terminal.app)

作成作業

ターミナル上にて作業を行います

実行コマンドは下記のようになりますが、復元先が違っていたら適宜変更して下さい。

$ sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume (復元先のUSB) /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app --nointeraction

実際の作業は、私の場合、USBを初期化した際に名前を英字の「Untitled」に変更しているため、下記のようになります

$ sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app --nointeraction

下記のように作業が進み、Copy completeが表示されれば、完了です。

sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app --nointeraction
Password:
Erasing Disk: 0%... 10%... 20%... 30%...100%...
Copying installer files to disk...
Copy complete.
Making disk bootable...
Copying boot files...
Copy complete.
Done.

USBインストーラー作成後は、Macを再起動し、起動時にOptionキーを押したままにして、ブートを作成したUSBから起動すればOKです。

ディスクユーティリティによる作成でうまくいかない方は、コマンドラインで試してみては如何でしょうか?

あとは、アップデートをいつやるか?!

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner