ハーバーの優待変更で悩みどころ

シェアする

haba一度手放したハーバー研究所(4925)を買い戻そうと、今年に入って動向をチェックしてましたが、権利確定月と言うこともあって、下がるどころか、逆に上がっていき、買い戻しを諦めかけていました。

ところが、昨日になって、「株主優待制度 変更に関するお知らせ」のIRが発表されました。

(変更前)
100株 株主優待券 3000円券×3枚

(変更後)
100株 株主優待割引券 1000円券×10枚
(購入2000円ごとに 1000円券を1枚利用可能)

金券から半額券の優待になり、市場では改悪と捉えられているようです。

我が家では、今まで1万円の商品を購入するのに3000円x3=9000円の優待券を使って、現金1000円の出費だったのが、
割引券になると、1万円の商品だと1000円x5枚=5000円分の割引券を利用して、現金5000円の出費となってしまいます。

ただし、これが購入金額2万円になった場合は、
今まででは9000円の優待券を使い、現金11000円の出費となり、
割引券だと、1000円x10枚=1万円の優待券利用で、現金1万円の出費となるので、逆転しますよね。

我が家では、年間に5万円以上はハーバーの化粧品を買っているので、割引券をフルに活用すると、優待改悪でもそれほど影響は少なそうに感じます。

監視を続けて、株価が落ち着き、様子を見てから買い戻しを図ろうかとの思惑です。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)

シェアする

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner