Flickrから浮気してみる

メインで使っているFlickrアカウントは、Proなので、特に容量的には問題ないのですが、これとは別に、ブログ用や職場用にもFreeのFlickrアカウントを使ってます。
このFreeアカウントでは、Flickrに保存できる枚数の200枚を超えてしまい、ちょっと不便になってきました。
FreeアカウントのFlickrは、最新の200枚までが表示でき、画像サイズも制限されているのですが、実際には200枚以上の画像やオリジナルサイズで保存されているようです。
まぁ、これが無償であるための制限なのでしょう。

photobucket

そう言うわけで、Flickr以外の画像保存できるオンラインサービスに、フォト蔵を使ってみました。
海外では、Photobucketが人気があり、利用者も相当多いようですが、私の周りでは、ほとんど利用者はいません。
photobucketでは、Adobeのビデオ編集機能が搭載した機能で、オンラインビデオ編集が可能になったり、Photobucket版Flockが出ていて、Flockとの連携により、ブログが書きやすくなったりで、ブログを書くには、Photobucketも利用する価値は大いにあると思います。

ただ、アップロードした画像やアルバムを、職場や家族に見てもらおうとすると、メニューなどの表示が英字なだけで、かなり敬遠されるのは確かです。
従って、あまりパソコンやインターネットに詳しくない人たちに、公開写真をお知らせするには、やっぱり日本語のサービスを利用するのが親切であり、受け入れやすいです。

ちょっと、話が長くなりましたが、Flickrの画像をフォト蔵に引っ越ししてみました。
(引っ越しと言っても、元のFlickrの画像は残っているわけですが。)


Flickrから、フォト蔵への引っ越しには、「Flickr2PhotoZou」と言う、オンラインのサービスがあり、3項目ほどの設定で、簡単にフォト蔵へインポートしてくれます。
もちろん、Flickr、フォト蔵両方のアカウントを持っていることが必須になります。

インポートには、しばらく時間がかかり、今回40枚ほどの引っ越しでは、約30分ほど、かかったと思います。
その後に、200枚ほどをインポートしても40分ほどだったので、時間帯や負荷の度合いに影響されると予想されます。
沢山の画像がある場合には、完了後に通知メールが届きますので、気長に待ちましょう。

気をつける点では、FlickrでProアカウントを持ってて、数百~数千もの画像があった場合でも、一気にインポートが始まるので、途中で止めることが出来ないので注意です。(止める方法はあるのですが、その後の利用に差し支えるようです)
また、タグも受け継がれないですね。

photozou

それでも、フォト蔵の、1万枚の容量は魅力的で、1ファイル当たり10MBもの画像がアップロード出来るので、容量に困ることは、ほぼ皆無で、かなり満足出来るサービスなのではないでしょうか。

まだ、フォト蔵と連携できるソフトやサービスが少ないのは、難点ですが、引っ越し後は、フォト蔵を使う頻度が増えるのでは無いかと私的には思ってます。
Flickrに簡単アップロード出来るソフトがあったように、フォト蔵にも「貼る蔵」と言う写真投稿ソフトがあり、便利なことに、アップロードする前に、画像に落書きしたり、ぼかし、シャープの画像編集が出来るので、フォト蔵利用する人には、ありがたいソフトです。

このように、簡単に引っ越しができた訳ですが、Flickr2Photozouのページで、ログイン・パスワードを入力するのは、私的には、ちょっと抵抗がありました。
ウノウラボさんのサービスなので、 問題ないかと思いますが、やはり、他人のページで、他のパスワードを入力するのは、気持ちいいものではないので、私のような思いの方は、パスワード入力する前か後に、Flickrやフォト蔵のパスワードを変更しておいた方が、安心かもしれませんね。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner