EvernoteとiBooksの連携が素晴らしい

最新のiPhone版Evernoteが、iBooksやGoodReaderと連携できるようになってて、神アプリ的な存在を醸し出してます。

どう言う事かと簡単に言うと、iPhone版Evernoteを起動し、Evernote上に保存したPDFファイルを開くと、PDFデータがiBooksやGoodReaderに渡され、それぞれのアプリに登録されるようになり、オフラインでも閲覧可能となるわけです。

早速、試してみます。

iPhone版Evernoteを起動し、既にEvernote上に保存してあるPDFファイルを開きます。

すると、下のような図で添付された形式になっているので、そこをクリックします。

IMG_1098

↓PDFがプレビューされ、右上に「次の方法で開く…」を選択します。

IMG_1099

すると、私の場合、iBooksとGoodReaderがインストールされてますので、2つのアプリが表示され、どちらのアプリで展開するか選択します。

なぜか、iBooksのアイコンがGoodReaderのアイコンになってます。??

IMG_1100

今回は、iBooksで展開してみると、すぐにiBooksにデータが渡され、自動的にライブラリへ登録されます。

IMG_1101

本棚を見ると、ちゃんと登録されてますね。

IMG_1102

今までは、iBooksへPDFを登録するには、PCやiTunesから登録したり、Dropboxを利用したりしていたのですが、今回のEvernoteの便利な機能により、画期的に進歩し、使わないのは宝の持ち腐れです。
これにより、PDFに関しては、Dropboxを使う必要も少なくなってくるのは確かではないでしょうか?

P.S. 久々に、オンライン上のEvernoteにアクセスしたら、文字認識に日本語が出来てた事に、今頃気づいた。(^^;)

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner