ESXi4.1導入後にSSH出来なくて焦ったよ

数ヶ月前に、ESXiを4.0から4.1にアップデート後、普通に稼働してたが、最近になってSSH接続する必要が生じたので、SSH接続したところ、Connection Refused.で接続出来なくなっていた。

4.1アップデートで、非公式のSSH接続が変わったのか?と思い、今まで通りの手順でSSH有効化を試してみる。

  1. ESXiコンソール画面でF2を押し、rootログインする
  2. ALT+F1を押して、unsupportedと入力し、ttyの画面に入る
  3. /etc/inetd.confのsshを有効化する
  4. inetdを再起動

この手順が今までだったのだが、ALT+F1を押した後に、

Tech Support Mode has been disabled by the administrator.

と表示され、ウッ!、SSH機能は消されちゃったのかぁ〜と、一時めげる。

調べてみると、

  1. ESXiコンソール画面でF2を押し、rootログイン
  2. [System Customization] をEnter
  3. [Troubleshooting Options] を選択して Enter
    IMG_1584
  4. [Troubleshooting Mode Options] 画面が表示されるので、[Enable Remote Tech Support (SSH)] を選択して Enter
    IMG_1585

以上、ある意味公式な機能として、組み込まれてました。

今までのように、inetd.confを書き換えて、inetd再起動などとしなくて良いし、SSHを切ることもメニューから簡単に出来るようになってたんですね。ホッ!

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner