Drupalアップデート

比較的、アップデートが少ないDrupalですが、久々にDrupal5.3がリリースされました。

今回は、危険度が高いものも含まれますので、セキュリティ的に早急にアップデートした方が良さそうです。

詳しい情報は、Drupal.0829.infoさんや、本家のリリース情報をご覧下さい。

最近、職場のメールサーバを一から構築しなおして、記事を書く時間がなかなかないですが、明日頃にはUbuntu 7.10もアップデートしたいしなぁ。

今後のために、アップデートのメモを下記に書いておきます。

Drupalのアップグレード

  1. データベースとファイルのバックアップを取る
  2. 管理者モードでログイン(ID番号が必ず1の管理者)
  3. サイトをオフラインモードにする
  4. モジュールを無効化にする
  5. テーマをデフォルトのものにする(Bluemarine,Garland)
  6. 古いディレクトリやファイルを削除
  7. 新しいDrupalを解凍し、新しいファイルとディレクトリをアップロード(コピー)する
  8. バックアップをとった旧ディレクトリ(files,sites)を元に戻す
  9. 必要であれば、.htaccessやrobotxs.txtも戻す
  10. 新しいバージョンに対応したモジュールを再インストールする
    今回、PathautoとTokenがセキュリティアップデートが必要でした
  11. 設定ファイルを書きなおす
    旧設定ファイルと比較して、データベース関連の個所を書く
  12. update.phpを実行する
  13. 正常に更新できたのを確認
  14. 必要なモジュールを有効化(元に戻す)
  15. テーマを元に戻す(テーマによっては動作しないかも)
  16. サイトをオンラインにする

上記は、シングルサイトの場合ですが、私の場合、1つのDrupalで複数のドメインを管理しているので、マルチサイトの場合は、若干、違ってきます。

また、小生、無精者なので、そのまま新Drupalをそのまま上書きインストールして、update.phpを走らせましたが、無事、更新することが出来ました。(真似する人は、必ず出来るとは限りませんので、自己責任で ^^;)

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner