Dropbox整理(2010.11)

MacBook Air 11.6インチを買ってすぐに入れたソフトと言えば、Dropboxが欠かせないわけですが、MacBook Air 11.6インチをクラウド化として本格的に利用する予定なので、これを機にDropbox内の整理と構成変更を行いました。

Dropboxの0.7バージョンまでは、インストールしたPC個々に、同じ容量のDropbox領域が必要でしたが、0.8以降は、同期が細かく設定できるようになっており、同期したいフォルダだけを選ぶことが可能になっております。

通常ダウンロードできるDropboxは、現在、0.7.xの安定バージョンなので、新機能の0.8を利用するには、、Latest Forum Buildから、ダウンロードする必要があります(今現在、0.8.112)
ただし、このバージョンはDropbox側では未サポートなので、自己責任で使用することが前提になります。

それで、周辺のPCをDropbox0.8.xのバージョンに合わせ、下記のような構成にしてみました。
Dropbox使いの方でしたら、既に、このような使い方をしている方は多いと思います)

自宅ではiMac 27インチ、職場ではLinuxをそれぞれ母艦にし、50GBにアップグレードしたDropboxを同期させてます。

その50GB内に「Share Folder」を作成し、これを、それぞれ、iPad,iPhone,WindowsPC,MacBook Air 11.6インチと共有します。
ちなみに、このサブ機達には、2GBフリー版のDropboxとして、登録しています。

今までだったら、この「Share Folder」全部が同期されてましたが、0.8以降のDropboxでは、さらに、この「Share Folder」内の個々のフォルダ毎に同期が可能となっているため、余分なものを同期させなくてすみそうです。

しばらく、この構成で運用してみたいと思ってますが、NFSを利用した同期方法を現在模索中であります。
(対象商品はこちら)

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner