Crayon Syntax Highlightの負荷が高いので止めた

シェアする

WordPressテーマをSimplicityに変更し、いろいろ修正を行っている最中ですが、導入しているプラグインがどのくらい負荷がかかっているかを計測してくれる「P3(Plugin Performance Profiler)」と言うプラグインがございます。

このプラグインの使い方に関しては、下記のページに詳しく書いてありますので、ご覧下さい。

それで、このP3プラグインを、このサイトで計測してみた結果、下記のような結果となりました。

P3 crayon

意外にも、Syntax Highlight系では軽いと思っていたCrayon Syntax Highlighterが60−70%程の負荷がかかっていることが判明。
このブログでは、比較的コードを書いている記事は多くないので、あっさり無効にしちゃいました。

無効にした結果がこれ↓

P3 crayon remove

かなり負荷が減りましたが、次に、この計測に使ったP3プラグイン自信の負荷がかかっていますが、このプラグインは常時有効にしておく必要もなく、時々、計測する際に有効にすれば良いので、通常は無効でOKかと思います。

Crayon Syntax Highlighterを止め、代わりのものとなると、軽量のhighlight.jsを使われている方が多いようなので、ネット上の情報を見ながら、導入しておきました。下記URL参照

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)

シェアする

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner