CORESERVER引越し完了(70%)

前記事で書きましたように、ようやくCORESERVERに引越しが、ほぼ完了しました。
coreserverもs10まで増えましたが、追っかけするのも、飽きてきたので、本日、ドメインの移行も済ませました。

ただ、今回は、サイトを移す前に、まとめて起きたいことがあったので、かなり時間がかかってしまいました。
CORESERVERでXREAより容量が増えたり、データベースもほぼ作成し放題、マルチドメインなどで、ひとつに集約したかったからです。

  • 数個のドメインサイトを、CORESERVER上で構築する
  • 複数ドメインのDrupalサイトは、1つのDrupalサイトだけで設置・運営する
  • MXは、GoogleAppに向ける
  • calendar,docsのサブドメインもGoogleAppに向ける
  • データベース作成時にわかりやすいように、ルールを設定する
    現在は、データベースの管理画面でメモが残せるので、かなり便利になったが、
    データベース名作成時に、
    hoge_1234 (1000番台は、ドメイン、100番台は、種類、10番台はプログラム名、1番台は通し番号)みたいにし、具体的には、
    hoge_1234は(1=a.com,2=CMS,3=Wordpress,4=4番目)とか。
  • PukiwikiからMediaWikiに変更し、MediawikiをSubversionで管理する

こんな感じで、いくつかのドメイン・サイトを移行が完了しただけで、まだ細かい部分の修正が必要で、まだ70%くらいしか完了していません。
従いまして、まだ、突然、表示しないことがあるかと思いますので、ご了承ください。

今回、初めて、Drupalでの複数運営を試みてるのですが、サイトが100や1000個あっても、テーマやモジュールなどが共有でき、アップデートは一回で済ませることが出来るし、cronも一緒に動作させられるので、保守がやりやすいですね。スバラシイ!!

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner