ボーズ最高峰のアラウンドイヤータイプのノイズキャンセリング・ヘッドホン BOSE QuietComfort25 到着

シェアする

iPhone6発売日と同じと言う事で、「iPhone6と同じ発売日のBOSE QuietComfort25が気になる」を先日投稿しました。

この商品が気になりつつも、イヤホンタイプのBOSE QuietComfort20i ノイズキャンセリング・ヘッドホンのどちらを買おうか悩みつつも、結局、Bose QuietComfort25 ノイズキャンセリング・ヘッドホン(アラウンドイヤータイプ) ブラック(以下、QC25)をポチっちゃいました。

で、先ほど届いたQC25がこれ↓

DSC01471.JPG

早速、開封の儀式

届いたパッケージ箱には、「Made fo iPod iPhone iPad」の表記があり、まるでApple製品かのようです。(^^;

DSC01473.JPG

パッケージ箱を開けると、収納バッグがお目見えし、その中に、本体が折り畳んで収納されてます↓

DSC01466.JPG

飛行機内での使用するための、変換プラグも付属しています↓

DSC01472.JPG

今回のQC25は、単4アルカリ電池1本で約35時間の連続使用が可能、電池が切れてもコンビニなどで調達出来るのは良いですね。

DSC01467.JPG

付属のリモコンケーブルは、Apple製品対応の3ボタン式が採用され、「音量調整」「通話切替」「再生コントロール」「音声アプリケーション起動」を手元で操作できます。↓
リモコン背面にはマイクが搭載されているので、ハンズフリーで通話も可能です。
ちなみに、iPhone 6 Plusでも正常に反応しました。

DSC01468.JPG

ケーブルは、ストレート側をヘッドホンに差し込みます。↓
反対側のL字のプラグを再生するデバイス(iPhoneなど)に差し込みます。

DSC01469.JPG

いよいよ、ヘッドホンを装着です。
まずは、電源オフで装着してみると、密着が良いため、これだけでも、ある程度、遮音されている感じです。

現状の音をふまえた上で、ヘッドホン右側のスイッチをONにしてみます。

DSC01470.JPG

おお〜、なんと言う事でしょう! ほとんど外部の音がシャットアウトされ、無音の世界が・・

素晴らしい!の一言です。
嫁にも試してもらったところ、あまりの凄さにビックリしてました。

でも、しばらく装着していると、耳が慣れてくる影響もあるのか、外部の音は多少聞こえてきます。 ちなみに、私の環境では、電車の音、暴走族の音、洗濯機のアラーム音など、微妙に聴こえます。

このノイズキャンセリングの効果は、子供が勉強に集中出来るように使用するのもうなずけますね。
子供に与えるヘッドホンとしては高価ですが、教材費と考えれば、安いのかもしれませんね。

装着感では、耳や頭の締め付けもそれほど強くなく、耳に吸い付く感じで、密着度も抜群です。

肝心の音質ですが、私自身、それほど詳しくないため評価は難しいところですが、Monster Beats程の低音はないものの、ドンシャリ感も強くなくいですが、今まで聞こえなかったような音が聞こえたりしているので、高音も低音も強調しすぎず、素直に長時間効いてても疲れない仕上がりになっているのだと感じました。

あえて、欠点を挙げるとなると、

  • ワイヤレスではないので、やはりケーブルが邪魔になるのは避けられない
  • 涼しくなってきた秋のシーズンですが、長時間、装着しているとムレて来るので、夏場の使用は暑いかも
  • あまりの静かさに、隣や後ろに人がいることに気づかない時がある (^^;

これくらいしか、欠点は思いつきませんね。

総評として、これは買って満足いく一品でした。
今まで、QuietComfortシリーズを知っていて、ノイズキャンセリングの凄さも知っていたのに、値段が高いだけで購入を渋っていましたが、どうして、もっと早く買わなかったんだろう!と、ちょっぴり後悔してます。
でも、もう手元にあるから、楽しいの一言です。

今回のQC25は、Apple製品(iPhone,iPad,iPod)をかなり意識した製品であることは間違いありません。

iPhone 6に買い換えた方も多いでしょうから、是非、QC25で快適ライフを送ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)

シェアする

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner