Aptana Studioをインストール

最近、Javascriptを少し弄る機会が増えてきたので、以前もAptanaをPCへ入れていたのですが、かなり古かったので、最初から入れ直し。

Windows USB版

Windows版は、USBで持ち歩くため、Portableとしてインストールする事にした。

  • Aptanaのダウンロードページから、zip版とインストーラ版をダウンロード
  • zip版を解凍し、USBへコピー(直接USBへ解凍してもOK)
  • インストーラ版を解凍(7zip)し、その中に入っている、jreディレクトリを、zip版を解凍したAptanaディレクトリへコピー
    もし、インストーラ版を解凍出来ない場合には、一度PCへインストールし、インストール先にjreディレクトリがあるので、それをコピー
  • USB内のAptanaを起動

Ubuntu(Linux)版

  • Aptanaのダウンロードページから、zip版をダウンロード
  • 適当な場所へ解凍(/usr/local/bin/とか)
  • Linuxでスペースが入っているディレクトリは好きではないので、ディレクトリ名変更
    # mv “Aptana Studio 2.0”  AptanaStudio
  • スタートアップファイルを作成 (Aptana.shなど適当な名前で/usr/local/bin/へ)
    #!/bin/sh
    export GDK_NATIVE_WINDOWS=true; exec /usr/local/bin/AptanaStudio/AptanaStudio;
  • 実行属性を付加
    # chmod 755 /usr/local/bin/AptanaStudio/Aptana.sh
  • Aptana.shで起動

以上

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
  • Pingback: Video-Tutorial: Aptana unter Ubuntu installieren : Video Tutorials Web 2.0()

banner