Apple Watch試着してみた

シェアする

今日はちょっと遠出する予定でしたが、生憎の天気で、銀座をぶらぶらした後、帰宅途中に秋葉原で飲んだ帰りに、ヨドバシカメラのAppleコーナーへ立ち寄ったところ、AppleWatchが触れて、しかも、試着出来るとの事だったので、夫婦で付けてみました。

まずは、展示品を触ってみると、表示されているアプリの反応はレスポンス良く、快適に動作し、右のダイヤルを押し込むと、iPhoneのホームボタンの役目で、ダイヤルを回転させるとスライドする仕組みになっているようです。

IMG_8617.JPG

一通り、触った後、リストバンドの種類を観察

IMG_8619.JPG

スポーツタイプから革バンド、ビジネススタイルなど豊富に揃っているようで、ビジネスタイプのステンレスバンドだと10万円は軽く超します。(^_^;

この中から、お気に入りのバンドを選んで試着出来るとの事でしたが、大きさの違いとハメ心地を試してみたかったので、リストバンドは適当に選びました。

まずは、男の腕に42mmタイプのAppleWatchを試着↓

IMG_8621.JPG

嫁さんが、38mmタイプを試着↓

IMG_8622.JPG

これだけでは、違いがわかりませんよね?

一回りの大きさの違いなので、気持ち大きい・小さいって感じですね。

Applewatch 42 38

実際、腕に装着してみた感じは、思ったより軽い。

あまりAppleWatchを購入する気はなかったので、何の先入観を頂いておりませんでしたが、AppleWatchをはめたまま電話が出来るし、Siriも応答してくれて、画面が小さい分、メールするときには推測の定型文がリストアップされたり音声での入力も可能になっているなど、細かい部分に配慮されていますね。

ジャイアント・ロボの世界が遂に現実になったか! 古っ!

ちなみに、生活防滴だし、サファイヤガラス採用で傷が付きにくいのも憎いですね〜。

また、会議中などAppleWatchをはめたまま電話がいきなり鳴って、出ることが出来ないときには、手でAppleWatchを覆えばスリープして画面表示も消してくれる機能は初めて知りました。

今回は、試着して帰って参りましたが、やっぱり四角いデザインは未だ改善の余地があるし、リストバンドもサードバーティ製が販売されていくだろうし、まだ値段的には高めではないのかと思いますけどね。

一番のネックは電池の持ちかと思っていますので、次世代機では、蛍光灯の明かりでも表面で充電できるソーラーパネル採用を期待したいものです。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)

シェアする

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner