最近のエアコンの消費電力を調べてみた

今年の夏は、本当に暑い日が続いて、エアコンを使わない日がないほどですね。
そんな中、嫁から、エアコン入れてて、炊飯器やIH調理してブレーカー落ちないかな?って、よく質問されるので、エアコンの消費電力を簡単に調べてみました。

我が家には、各部屋に「消費税増税前にダイキンのエアコンを3台設置」のエアコンがあり、この3年ほど前のエアコンの消費電力を、ワットチェッカーにて計測。

ちなみに、この3台のエアコンの仕様では、消費電力は545Wとなってます。

早速、ワットチェッカーを取り付けて、外気温33℃、室温28℃にて計測開始。
(マンション内は外気温が35℃くらいでも、室温は30℃未満がほどんどです)

設定温度25℃にて電源オン直後  530W
10分後  377W (室温26℃)
30分後  160W(室温25℃)
1時間後  8W (室温24℃)
ひかえめ自動に切り替え 137W(室温25℃)

簡単ではありますが、これらの結果から、起動時でも500W程で、設定温度に達すると200W切る程度なので、各自の部屋を設定温度で維持する頃には、3台稼働でも600Wくらいの計算ですね。
65型のテレビの消費電力が500W近くあるので、エアコン止めるよりもテレビを消したほうが良さげでした。

調べてみて、今のエアコンは思ったより電力消費しないので、気兼ねなく使えそうです。

スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner