R310に3TBを装着

PowerEdge R310(過去記事)に3TBx2を追加した。

(対象商品はこちら)

数ヶ月前に、3TBのハードディスクを、他のLinux機に導入した際、うまく3TBの容量を認識させることが出来なかったので、今回もヒヤヒヤしながらの装着でした。

IMG_3040

今回の環境:PowerEdge R310,ScientificLinux6.1(SL6),Deskstar 3TB

作業手順としては、

  1. 電源を切った状態で、3TBハードディスクを装着
  2. R310起動後、BIOS設定
  3. SATAの増設部分がデフォでOFFなのでAutoへ変更
  4. 再起動し、再びBIOSで3TBのハードディスクが認識されていることを確認
  5. OS起動(SL6)
  6. 増設したハードディスクのデバイス名を調べておく
  7. parted起動
  8. gptでフォーマット
  9. マウント
これで、何とか3TBの容量が使え、ホッ!
ちなみに、3TBx2をソフトウェアRAIDで構築して使用しております。
(詳細が気になる方は、後日、scribbleへ書いておきます)
スポンサーリンク
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
336×280(テキスト&ディスプレイ広告)
banner